メディア
連載
» 2018年08月22日 11時30分 公開

福田昭のストレージ通信(113) 3D NANDのスケーリング(1):膨張を続けるデジタルデータをNANDフラッシュが貯蔵 (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

SSDの普及とスマートフォンのストレージ容量拡大が需要拡大をけん引

 生成したデジタルデータを貯蔵しておくのが、ストレージである。ストレージの世界では、NAND型フラッシュメモリの使用容量が急速に増える傾向にある。

 理由の1つは、HDDからSSDへの移行だ。クライアント用ストレージとエンタープライズ用ストレージの両方で、SSDの搭載率が増加している。クライアント用では2015年にSSDの搭載率(台数ベース)が19%だったのが、2020年には58%と半分を超える見込みである。エンタープライズ用では2015年にSSDの搭載率が17%だったのが、2020年には27%に達すると予測されている。

 SSDはHDDに比べると製品単価が高い。このため、2019年には市場規模でSSDとHDDが同じ程度になり、2020年にはSSDがHDDを上回る見込みである。

 もう1つの理由は、スマートフォンにおけるフラッシュストレージの搭載容量の拡大である。スマートフォン1台当たりのNANDフラッシュメモリ搭載容量は、2016年に約30GBだったのが、2020年には約120GBと4倍に増えると予測されている。

ストレージにおけるトレンド。左はHDDからSSDへの移行。右はモバイル機器(スマートフォン)におけるフラッシュストレージの記憶容量拡大。出典:Applied Materials(クリックで拡大)

(次回に続く)

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.