メディア
ニュース
» 2018年10月03日 10時00分 公開

XDF 2018:必要なのは“適応力”、Xilinxが7nmプラットフォーム「Versal」を発表 (2/2)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

6つのシリーズで、あらゆるアプリケーションを狙う

 Versalでは、主に機械学習の推論を高速に行うことを目的とした「AI Edgeシリーズ」「AI Coreシリーズ」「AI RFシリーズ」と、より汎用的な位置付けとなる「Primeシリーズ」「Premiumシリーズ」「HBMシリーズ」の6種類をラインアップしている。これらのラインアップで、エッジからクラウドまで、あらゆるアプリケーションに対応するのがXilinxの狙いだ。

 XDF 2018では、Versalの最初の製品としてPrimeシリーズとAI Coreシリーズの2つが発表された。Primeシリーズは、Versalのミッドレンジ品と位置付けている。特にコネクティビティの用途に最適化したシリーズで、AIエンジンは搭載しておらず、DSPエンジンを搭載している。想定している主な用途は、データセンターネットワークや医療イメージング、ブロードキャストスイッチなど。

「Primeシリーズ」を用いたアクセラレーターでは、CPUを用いたアクセラレーターに比べて、処理性能が17倍に向上するという 出典:Xilinx(クリックで拡大)

 一方のAI Coreシリーズは、AIエンジンのみが搭載されている。推論を極めて低遅延で行えることが特長だとする。クラウドやネットワーキング、自動運転といったアプリケーションに適している。

「GoogLeNet(Inception V1)」において推論を行った時のスループットを、「AI Coreシリーズ」、CPU、GPUで比較した(遅延は7ミリ秒以下) 出典:Xilinx(クリックで拡大)

 AI Coreシリーズ、Primeシリーズは2019年下半期に出荷を開始する予定で、以降、2020年前半にAI EdgeシリーズとPremiumシリーズ、後半にAI RFシリーズ、2021年にHBMシリーズが順次出荷される予定だ。

Versalのロードマップ 出典:Xilinx(クリックで拡大)

 Peng氏は、「Xilinxのミッションは、適応力のあるインテリジェントな世界を作り上げることだ」と語った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.