メディア
ニュース
» 2018年11月21日 11時30分 公開

スイスのaiCTX:Baidu、ニューロモーフィックICを手掛ける企業に投資

スイスのスタートアップ企業であるaiCTX(エーアイコルテクスのように発音)は、Baidu Venturesからの150万米ドルのPre Aラウンドを完了した。

[EE Times]

 スイスのスタートアップ企業であるaiCTXは、Baidu Venturesからの150万米ドルのPre Aラウンドを完了した。この投資は、低消費電力の神経形態学的コンピューティング(ニューロモーフィック・コンピューティング)とプロセッサ設計に向けた商用アプリケーションを開発するためと、いわゆる「neuromorphic intelligence(神経形態学的インテリジェンス)」を実現するためのものである。センサー処理システムに組み込まれる低消費電力のエッジコンピューティング向けの技術だ。

 aiCTXは、チューリッヒ大学の神経形態学研究所とETH Zurichで開発された神経形態学的コンピューティングハードウェアの技術をベースとして、2017年3月に設立された。aiCTXは、超低消費電力や超低遅延が求められるエッジコンピューティングの幅広い用途に向けて、“フルスタック”でカスタマイズされたニューロモーフィック・プロセッサを開発している。用途として、自律ロボット、モバイル機器や組み込み機器向けの常時オンのコプロセッサ、ウェアラブル型のヘルスケアシステム、セキュリティ、IoTアプリケーション、ネットワークエッジにおけるコンピューティングなどが挙げられる。

 aiCTXで研究開発(R&D)担当シニアエンジニアを務めるDylan Muir氏は、EE Timesに対し、同社がエンド・ツー・エンドのニューロモーフィック専用IP(Intellectual Property)ブロック、ASIC、SoC(System on Chip)を、センサーやプロセッサと統合したフルカスタムのコンピューティングソリューションとして構築していると説明した。

 同氏は「これによってサイズと消費電力を最小限に抑えることができる。他の大半のニューロモーフィックコンピューティングのアプローチでは、従来のデータパスを備えた機械学習ツールチェーンの一部分を置き換えるプラグ&プレイの代替策として、汎用ソリューションを提案するものだが、当社のアプローチは、それとは根本的に異なるものである」と述べた。

 さらにMuir氏は「われわれは、Cortical computationの計算論的な神経科学モデルを実装するためのスパイキングニューラルネットワークやアルゴリズムソリューションを設計している。当社の技術は、20年以上にわたる皮質コンピューテーションの計算論的な神経科学モデルの研究開発に基づいている。この研究開発は、1990年代半ばに米国のカリフォルニア工科大学(CALTECH)で始まったもので、現在ではチューリッヒ大学およびETH Zurichのニューロインフォマティクス研究所で進められている」と述べた。

aiCTXのチップ 出典:aiCCTX

 Baidu VenturesのCEOであるWei Liu氏は、aiCTXに投資した理由として、同社が独自の技術を持ち、プロダクトドリブンに力を入れているという点で、ニューロモーフィック分野に積極的に取り組む他の企業とは異なることを挙げた。Liu氏は「aiCTXは、単にコンピューティングファブリックを設計しているというだけでなく、完全な商用ソリューションを開発している」と述べた。

 Liu氏のこの発言についてMuir氏に尋ねたところ、現在、他社が提供するニューロモーフィック・ソリューションは、デスクトップアプリケーションをターゲットとしており、一般的なデジタルロジック設計フローをベースにしているという。それとは対照的に、aiCTXの設計は、超低消費電力のミックスドシグナル/アナログ-デジタルVLSI回路などをベースとしているという。Muir氏は「われわれは、常時オンの超低消費電力型(ミリワット未満からミリワットのオーダー)ソリューションが求められるアプリケーションをターゲットにしている。例えば、クラウドに依存する必要のないモバイルシステムや組み込みシステムに用いられる、エッジコンピューティングなどだ」と述べた。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.