メディア
連載
» 2018年11月22日 09時30分 公開

福田昭のストレージ通信(125):HDD大手Western Digitalの四半期業績は減収減益 (2/2)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

HDDとフラッシュ応用品が売り上げの半分ずつを占める

 WDはHDD製品とフラッシュメモリ応用製品の売上高も公表している。2019会計年度第1四半期(2018年7月〜9月期)におけるHDD製品の売上高は前年同期比4%減、前四半期比9%減の24億9400万米ドル、フラッシュメモリ応用製品の売上高は前年同期比1%減、前四半期比7%増の25億3400万米ドルである。売上高全体に占める比率はHDD製品が49.6%、フラッシュメモリ応用製品が50.4%であり、両者がほぼ半分ずつとなっている。

 粗利益率はHDD製品が32%、フラッシュメモリ応用製品が44%である。HDD製品の粗利益率は過去4四半期で30%〜33%の間にあり、かなり安定している。これに対してフラッシュメモリ応用製品の粗利益率は過去4四半期が51%〜57%の間にあり、今期は急激に低下した。NANDフラッシュメモリの急速な値下がりによる影響を受けたことがうかがえる。

HDD製品とフラッシュメモリ製品の粗利益率(Non-GAAPベース)の推移。Western Digitalの公表資料を元に筆者がまとめたもの(クリックで拡大)

⇒「福田昭のストレージ通信」連載バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.