メディア
ニュース
» 2019年01月18日 14時30分 公開

Gartnerが発表:2018年半導体売上高ランキング、1位はSamsung

米国の市場調査会社Gartnerによると、2018年の世界半導体売上高は4767億米ドルに達し、過去最高となった。2017年比で13.4%増加している。売上高ランキングでは、Samsung Electronicsが2017年に続き首位を維持した。【訂正あり】

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 米国の市場調査会社Gartnerによると、2018年の世界半導体売上高は4767億米ドルに達し、2017年比で13.4%の増加となった。カテゴリー別にみるとメモリの売上高が最大で、全体の34.8%を占めている。この割合は2017年の31%から3.8ポイント増加したという。

2018年世界半導体メーカー売上高ランキング(売上高の単位は億米ドル)
2018年
順位
2017年
順位
メーカー名 2018年
売上高
2018年
シェア
2017年
売上高
17年→18年
成長率
1 1 Samsung Electronics 758.54 15.9% 598.75 26.7%
2 2 Intel 658.62 13.8% 587.25 12.2%
3 3 SK hynix 364.33 7.6% 263.7 38.2%
4 4 Micron Technology 306.41 6.4% 228.95 33.8%
5 6 Broadcom 165.44 3.5% 154.05 7.4%
6 5 Qualcomm 153.8 3.2% 160.99 ▼4.5%
7 7 Texas Instruments 147.67 3.1% 135.06 9.3%
8 9 Western Digital 93.21 2.0% 91.59 1.8%
9 11 ST Microelectronics 92.76 1.9% 80.31 15.5%
10 10 NXP Semiconductors 90.1 1.9% 87.5 3.0%
その他 1936.05 40.7% 181578 6.6%
半導体市場合計 4766.93 100.0% 420393 13.4%
出典:Gartner(2019年1月)

 売上高ランキングでは、Samsung Electronicsが2017年に続き首位を維持した。同社の売上高は758億5400万米ドルで、2017年比で26.7%増加している。2位のIntelは、半導体出荷数とASP(平均販売価格)の両方が増加したことを受け、前年比で12.2%成長した。3位はSK hynix、4位はMicron Technologyで、1位から4位までのランキングは2017年と同じだった。

 Gartnerによると、2018年における売上高上位25社の売上高の合計は、前年比で16.3%増加し、全体の79.3%を占めているという。メモリメーカーが上位に集中しているからだ。メモリメーカーの中で最大の成長を遂げたのはSK hynixで、DRAM市場の成長により前年比38.2%増、Micron Technologyは33.8%増となった。

【訂正:2019年1月21日 12時15分 掲載当初、「Micron TechnologyはMicrosemiの買収もあって33.8%増となった」とありましたが、Microsemiを買収したのはMicrochip Technologyです。訂正してお詫び致します。】

 ただしNorwood氏は、「2019年は、現在のランキングが大きく変わるだろうとみている。メモリ市場の見通しが悪いからだ」と指摘する。「メモリ市場は既に減速し始めている。これに加えて、激しさを増す米中間の貿易摩擦や、先行き不透明な世界経済の影響も考慮しなくてはならない」(同氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.