メディア
ニュース
» 2019年01月30日 14時45分 公開

Sigfoxのサービスエリアを拡張:ラピス、LPWAブリッジ通信ソフトウェアを開発

ロームグループのラピスセミコンダクタは、「Sigfox」と「IEEE802.15.4k」という2種類の低電力広域通信(LPWA)間をブリッジ通信するためのソフトウェアを開発し、提供を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

LPWA連係でエリア外の通信を補完

 ロームグループのラピスセミコンダクタは2019年1月、「Sigfox」と「IEEE802.15.4k」という2種類の低電力広域通信(LPWA)間をブリッジ通信するためのソフトウェアを開発し、提供を始めた。

ML7404の外観

 ラピスセミコンダクタは、LPWA規格で代表的なSigfoxの他、反射波が多い市街地で強みを発揮するIEEE802.15.4kや、データ速度が速い「IEEE802.15.4g」など複数の無線通信規格に対応できる無線通信LSI「ML7404」を供給している。

 今回提供を始めたソフトウェアは、このML7404が搭載されたIoT(モノのインターネット)端末や中継器(リピーター)端末に組み込むことで、SigfoxとIEEE802.15.4kなど2種類のLPWA間をブリッジして通信することが可能となる。

 例えば、端末がSigfoxのサービスエリア外であったり、不感帯地域で通信不能になったりしても、ブリッジ通信によりIEEE802.15.4kなど他のLPWAネットワークを介して、Sigfox通信網へのアクセスが可能となり、より広範なIoTシステムを実現することが可能になる。

2種類の低電力広域通信(LPWA)間をブリッジ通信するイメージ 出典:ローム

 なお、今回のソフトウェアをはじめ、レファレンスデザインや部品表、ドキュメントなどは、ラピスセミコンダクタのホームページにあるサポートサイトから無償でダウンロードすることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.