メディア
ニュース
» 2019年02月05日 13時30分 公開

「世界で初めて」:京大、ロームなどの無線機がWi-SUN FAN認証を取得

京都大学と日新システムズ、ロームの3者は2019年2月4日、共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け無線機が、Wi-SUNアライアンスが行った無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」の認証試験に合格し、認証を取得したと発表した。3者は、「Wi-SUN FANの認証取得は世界で初めて」としている。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 京都大学*)と日新システムズ、ロームの3者は2019年2月4日、共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け無線機が、Wi-SUNアライアンスが行った無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」の認証試験に合格し、認証を取得したと発表した。3者は、「Wi-SUN FANの認証取得は世界で初めて」としている。

*)京都大学 大学院情報学研究科 教授 原田博司氏の研究グループ。

 Wi-SUN FANは、無線通信規格「Wi-SUN」の新規格。IEEE 802.15.4g規格の低消費電力無線伝送技術と、IPv6による多段中継技術を利用した相互運用可能な低消費電力IoT無線通信技術だ。

Wi-SUN FANのイメージ 出典:ローム

 Wi-SUNの相互接続性認証などを行うWi-SUNアライアンスは、2016年5月にWi-SUN FANの標準仕様を策定。この標準仕様策定を受けて、京大など3者は、2016年11月にWi-SUN FAN対応無線機の基礎開発に成功。その後、2018年10月にWi-SUNアライアンスがWi-SUN FANの認証プログラムを発表し、今回、同プログラムに基づく認証試験に、3者の無線機が世界で初めて合格した。

 認証を受けた無線機は、1km程度の距離で安定した伝送が行えるIEEE 802.4/4g/4e技術をはじめ、Wi-Fiなどで実績のあるインターネット接続用国際規格、IPをベースに無線機間の多段中継を実現するマルチホップ国際規格を統合した機能を備える。こうした機能により、スマートシティやスマートメータリングを構成する各種センサーやメーター、モニターを手軽にインターネットに接続することができるという。

認証を取得した3者共同開発の無線機 (クリックで拡大) 出典:ローム

 今後、3者は「Wi-SUN アライアンスが主催する相互接続性仕様検証イベントに参加し、Wi-SUN FAN規格の技術適合性・相互接続性認証試験に貢献するとともに、本無線機を社会実装するため、さらなる開発を京都における産学連携プロジェクトとして推進していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.