メディア
ニュース
» 2019年02月27日 14時30分 公開

何種類ものアダプターは不要に!:機器に搭載するだけで、給電方式がUSB Type-C PDに

Cypress Semiconductor(以下、Cypress)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催中の組み込み技術の展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日)で、さまざまな電化製品に使われている電源アダプターから、USB Type-C PD(Power Delivery)による給電方式へと変換するポートコントローラー「EZ-PD Barrel Connector Replacement(BCR)」のデモを展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
Cypressのブース

 Cypress Semiconductor(以下、Cypress)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催中の組み込み技術の展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日)で、さまざまな電化製品に使われている電源アダプターから、USB Type-C PD(Power Delivery)による給電方式へと変換するポートコントローラー「EZ-PD Barrel Connector Replacement(BCR)」のデモを展示した。EZ-PD BCRは、同年2月21日(米国時間)に発表されたもの。

 PCをはじめ、スピーカー、シェーバー、電動ドリルなど電化製品の充電にはそれぞれ電源アダプターが必要だ。しかも、アダプターのコネクターも異なる。旅行や外出などでは、電化製品や電子機器と一緒に、それぞれに応じた電源アダプターも持ち歩かなければならないことも多い。さらに、故障などで電化製品を廃棄する場合、その電源アダプターも一緒に廃棄するので、廃棄物は増える一方になっている。

機器メーカーの電源アダプター製造も不要に!?

 EZ-PD BCRは、こうした状況を解消すべく開発された製品で、機器に搭載するだけで、USB Type-C PDによる給電方式に変換できる。CypressのUSB-Wired BUでシニアマーケティングディレクターを務めるMark Fu氏は、「USB Type-C PDは最大100Wを給電でき、ノートPCやスマートフォンなどで幅広く使われるようになってきている。電化製品の約90%は100W以下で動作するので、100Wあれば十分に足りる。そうした意味で、USB Type-C PDは普遍的な存在になる可能性がある」と語る。

 EZ-PD BCRは、USB Type-CトランシーバーやUSB PDポリシーマネジャー、負荷スイッチコントローラーなどを1パッケージに集積。機器メーカーは、EZ-PD BCRを機器に搭載し、機器のコネクターをUSB Type-Cに変更するだけで、他の部分の設計は何も変えることなく、USB Type-C電源アダプターを使えるようになる。

 「ユーザーは、USB Type-C電源アダプターを1つ持っていれば、いちいち電源アダプターを変えることなく、さまざまな電化製品を充電できるようになる。さらに、機器メーカーは、もはや電源アダプターを製造する必要がなくなる」(Fu氏)

 Cypressは、従来型の電源アダプターからUSB Type-C PDに変更した製品のプロトタイプを作成するためのキット「EZ-PD BCRキット」を25米ドルで用意している。

左=「EZ-PD BCRキット」/右=電化製品のコードを切断し、「EZ-PD BCRキット」につなげる。キットにUSB Type-Cコネクターを接続すると、EZ-PD BCRが、機器の充電に必要な電力プロファイルをセットアップする。ユーザーがファームウェアのプログラミングをする必要はない。この写真では、例えば、左のスマートスピーカーには15V/1.4Aが給電され、中央の電動ドリルには5V/600mAが給電されるようになる(クリックで拡大)

PSoCの展示も

 その他、CypressのプログラマブルSoC(System on Chip)である「PSoC」のデモも行った。現在、Cypressは、主にIoT(モノのインターネット)向けの「PSoC 6」と、より汎用な用途を対象にした「PSoC 4」に注力している。

「PSoC 4」のデモ。複数のインダクティブセンサーと静電容量センサーを、1つのマイコンで制御できる様子を示していた。缶はインダクティブセンサーで、液体(が入ったボトル)は静電容量センサーで検知している(左)。丸が描かれた下にセンサーが搭載されていて、1つのマイコンで全てのセンサーを制御できる(右)(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.