メディア
ニュース
» 2019年03月08日 09時30分 公開

14nm FinFETを採用した第2弾:エッジ推論を意識、組み込みプロセッサ「i.MX 8M Nano」 (2/2)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

サービスに特化した車載用ゲートウェイに向けたチップセット

 この他、NXPは車載グレードのネットワークプロセッシングチップセット「MPC-LS」も発表した。同チップセットは、既存のNXPの車載マイコン「MPC5748G」と、ネットワーキングプロセッサ「LS1043A」を、1パッケージに収めたもの。NXPのAutomotive Microcontrollers and Processors担当プロダクトラインマネジメントディレクターを務めるBrian Carlson氏は、「このチップセットによって、車内に『Service-Oriented Gateway(サービスに特化したゲートウェイ)』と呼ぶ新しいタイプのゲートウェイを実現できる」と語る。

 Carlson氏によると、Service-Oriented Gatewayは、車載アプリケーションやサービスを提供するための集約型コンピュータだという。具体的には、車載ソフトウェアのOTA(Over-The-Air)アップデートを行うサービスや、クルマの自己診断を行うサービス、カーシェアリングのサポート機能を提供したり、車載データの分析を行ったりするゲートウェイだという。

 Carlson氏は、「Service-Oriented Gatewayは、いわば“自動車でのエッジコンピューティング”のようなもの。実現するには、高い演算能力とネットワーキング性能が必要だ。同ゲートウェイに要求される性能を満たすために、チップセットを開発した」と語る。MPC-LSを使うことで、MPC5748GとLS1043Aを個別に使って設計するよりも、容易にService-Oriented Gatewayを設計できるとCarlson氏は述べる。

 embedded world 2019では、パートナー企業のAirbiquityと共同で、MPC-LSのデモを行った。MPC-LSの評価ボードに、AirbiquityのOTAソフトウェア「OTAmatic」を統合し、カーナビゲーションの地図がOTAで最新版にアップデートされる様子を示した。

左=地図の情報などがOTAでアップデートされている/中央=最新版へとアップデートされた地図/右=デモに使用した評価システムの外観(クリックで拡大)
NXPのBrian Carlson氏
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.