メディア
ニュース
» 2019年03月22日 09時30分 公開

独自のFOTA機能もサポート:ローム、Wi-SUN Enhanced HAN対応モジュール

ロームは、最新の国際無線通信規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に対応した無線通信モジュール「BP35C0-J11」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

リレー通信やスリープ通信を実現

BP35C0-J11の外観

 ロームは2019年3月19日、最新の国際無線通信規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に対応した無線通信モジュール「BP35C0-J11」を開発したと発表した。

 BP35C0-J11は、高い受信感度を実現した無線通信機能やマイコン、大容量メモリなどを内蔵した面実装モジュール。アンテナは外付けとなる。Wi-SUN Enhanced HANで新たに追加された「リレー通信」や「スリープ通信」の機能をはじめ、全てのモードをサポートしている。このため、ゲートウェイ装置から端末機器、リレーデバイス(中継機)など、ネットワークを構成するあらゆる機器に利用できる。

 リレー通信機能に対応することで、「1対多対多」といったツリー型接続が可能となる。通信端末同士が見通し外で、通信距離が離れている場合でも、中継機を介して通信が可能となる。スリープ通信機能は、省電力動作を可能にする双方向通信方式であり、電池動作のセンサー機器などでも適切な通信を可能にした。

上図はBP35C0-J11の対応モード、下図はWi-SUN Enhanced HANシステムのイメージ (クリックで拡大) 出典:ローム

 BP35C0-J11には、ローム独自の機能も搭載されている。遠隔からファームウェア更新などが可能となる「FOTA(Firmware update Over The Air)」機能だ。BP35C0-J11に実装したラピスセミコンダクタ製の無線通信LSI「ML7416N」は、ファームウェアデータを格納する領域を2つ備えている。通信速度も100kビット/秒と速いため、FOTAによるファームウェアの配信および、更新が可能となった。

上部が評価用基板「BP35C0-J11-T01」

 BP35C0-J11は2019年1月から量産を始めている。サンプル価格(税別)は6800円。BP35C0-J11を実装した評価用基板「BP35C0-J11-T01」も、2019年3月よりインターネット販売を開始した。チップワンストップ、ザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツのウェブサイトから購入することができる。無線モジュールスタートガイドやハードウェア仕様書、外付けアンテナリストなども用意しており、ウェブサイトからダウンロードし、利用することが可能だ。

 なお、Wi-SUN Enhanced HANを活用して新たなサービスを構築するためには、ECHONET Liteに準拠するソフトウェアの開発や認証作業なども必要となる。これらの要求に対して、アイ・エス・ビーなどサードパーティーが開発を支援するサポート体制も整えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.