メディア
ニュース
» 2019年03月22日 10時30分 公開

あらゆる工夫を盛り込んだ:超低消費電力のシリアルフラッシュ、標準品比で70%減 (1/2)

Adesto Technologies(以下、Adesto)は、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日、ドイツ・ニュルンベルク)で、2月25日(米国時間)に発表したばかりの不揮発性メモリ「Fusion HD(Higher Density)」のデモを展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Adesto Technologies(以下、Adesto)は、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日、ドイツ・ニュルンベルク)で、2月25日(米国時間)に発表したばかりの不揮発性メモリ「Fusion HD(Higher Density)」のデモを展示した。

 Fusion HDは、Adestoが提供しているNOR型シリアルフラッシュメモリ「Fusion」の後継品である。2014年に第1世代品が発表されたFusionは、IoT(モノのインターネット)のエッジデバイスなど、低消費電力が要求される用途向けのメモリで、1.65〜3.6Vの電源電圧範囲で動作することや、スタンバイ電流を200nAまで低減したことなどが特長となっていた。

AdestoのPaul Hill氏

 Adestoのシニアマーケティングディレクターを務めるPaul Hill氏は、「Fusion HDでは、これらFusionの特長を踏襲しつつ、さらに低消費電力化し、IoTエッジデバイスで使用するための機能も追加した」と述べる。

 Fusion HDの容量は、4Mビット、8Mビット、16Mビット、32Mビットの4種類。スタンバイ電流は、最小で100nAまで低減している。

 Fusion HDでは、従来は複数のコマンドで実行するRead-Modify-Writeの一連の処理を、1コマンドで実行できる。メモリとCPU間のやりとりが従来よりも減るため、全体の処理時間が格段に速くなる。また、「Active IRQ(interrupt request)」という機能を新たに追加した。これは、例えばRead-Modify-Writeなどで、Fusion HDの動作が完了した時にのみ、CPUにアラートが行く仕組みである。CPUは、アラートを受け取るまでの間、他のタスクを行うか、あるいは消費電力を低減するためにスリープ状態になることができる。Hill氏は「これによって、ソフトウェアの開発とテストも、従来よりもシンプルになる」と述べる。「Active IRQのような機能を備えたシリアルフラッシュメモリは、他にはないだろう」とHill氏は強調している。

256バイト単位で消去/プログラムが可能

 さらに、Fusion HDでは、1ページ当たり256バイトあるいは4Kバイト単位で、消去/プログラムすることが可能だ。Hill氏は「IoTエッジアプリケーションでは、メモリに保存されるデータは多くの場合、数十バイトなど小さなサイズだ。それなら、わざわざ4Kバイトのブロック単位で消去やプログラムをする必要はない。非効率的だ。そこでFusion HDでは、4Kバイト以外に、256バイト単位で消去/プログラムをできるようにした。ページのサイズを通常よりも小さくしたわけだ。ページサイズが小さければ、消去/プログラムにかかる時間は、4Kバイト単位よりも格段に速く、効率的になる」と説明する。

 Hill氏によれば、標準的なフラッシュメモリとFusion HDでデータロギングを行ったところ、Fusion HDの方が5倍高速で、消費電力も70%低いという結果を得られたという。

標準的なフラッシュメモリとFusion HDの比較。16バイトのデータを320回書き込んだ際の結果を比較した。Fusion HDでは、3.2秒で処理が完了し、消費エネルギーは54.6mJ。比較対象のフラッシュメモリは処理に18.68秒かかり、184.1mJのエネルギーを消費している 出典:Adesto(クリックで拡大)
「embedded world」のブースでは、実際のテストの様子をデモとして展示していた。どちらの写真も、左側の評価ボードにはFusion HDが、右側には他社のシリアルフラッシュメモリが搭載されている。左の写真は、書き込みの途中。Fusion HDを搭載したボードは52%が完了しているのに対し、標準的なフラッシュメモリではまだ9%しか完了していない。右は、書き込みが完了した直後。処理時間と消費エネルギーに大きな差があることが分かる(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.