メディア
ニュース
» 2019年03月26日 10時30分 公開

「IEEE 1901a」として承認:パナソニックの次世代PLC技術、国際標準規格へ

パナソニックは、同社が提唱するIoT(モノのインターネット)向け次世代PLC技術が、国際標準の通信規格「IEEE 1901a」として承認されたことを発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

用途に応じ、通信距離や通信速度を切り替え

 パナソニックは2019年3月、同社が提唱するIoT(モノのインターネット)向け次世代PLC技術が、国際標準の通信規格「IEEE 1901a」として承認されたと発表した。

 「IoT PLC」と呼ばれるIEEE 1901aは、利用状況に応じて周波数帯域を制御することができる。これにより、通信距離や通信速度を切り替えることが可能である。既に「IEEE 1901」規格として承認されている、パナソニック独自の「HD-PLC」における基本技術「Wavelet OFDM方式」をベースに、新たな機能を追加した。

 その1つは通信速度を向上させる機能である。利用通信帯域を標準モードの2倍あるいは4倍に広げることができる。これにより通信速度は、2倍モードで500Mビット/秒、同軸線や専用線を利用する4倍モードでは最大1Gビット/秒を、それぞれ可能にした。

 もう1つは通信距離を延ばす機能である。利用通信帯域を標準モードの2分の1あるいは4分の1にすることができる。これによって、通信速度は低下するが標準モードに比べて、最大約2倍の距離で通信可能となる。

 パナソニックは、「くらしアップデート」をコンセプトに掲げている。この情報基盤となるのが、くらしの統合プラットフォーム「HomeX」である。同社は、住空間における通信基盤技術の一つとして「IoT PLC」を位置付けている。

 同社は今後、IoT PLC技術のライセンス供与や「HD-PLC」の技術進化を行いつつ、HD-PLCアライアンスなどの団体を通じて相互接続性の確保などに取り組む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.