メディア
ニュース
» 2019年04月02日 09時30分 公開

OA/AV機器、産業機器向け:東芝、Arm Cortex-M4コア搭載マイコンを追加

東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-Mコアを搭載したマイコン「TXZファミリー」として、新たに「M4Gグループ(1)」を追加した。OA機器やAV機器、産業機器などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

高精度アナログ回路や多様なIF、通信チャネルを搭載

M4Gグループ(1)の外観

 東芝デバイス&ストレージは2019年3月、Arm Cortex-Mコアを搭載したマイコン「TXZファミリー」として、新たに「M4Gグループ(1)」を追加すると発表した。OA機器やAV機器、産業機器などの用途に向ける。

 M4Gグループ(1)は、動作周波数が最大160MHzのArm Cortex-M4コアを採用している。また、変換時間が最小1.0マイクロ秒の12ビットA-Dコンバーターは16〜24チャネル、8ビットD-Aコンバーターは2チャネルを、それぞれ搭載する。さらに、DMAコントローラーは高速タイプと多機能タイプの2種類を内蔵しており、SMIF(シリアルメモリインタフェース)やUART、I2C、TSPI、タイマーなど周辺回路とのデータ転送を効率よく行うことができるという。

 なお、A-Dコンバーターは2種類のサンプリング時間を任意のチャネルで選択できる。このため、複数センサーを用いる大規模システムなどでもインピーダンス調整部品を低減することが可能である。この他、タイマーとUART、TSPIの連動機能やインターバルセンサー検知回路(ISD)を内蔵した。

 パッケージは100〜177端子の製品を用意。内蔵するフラッシュメモリはコード領域が512k〜1536kバイト、データ領域が32kバイトの容量である。

M4Gグループ(1)を応用したMFPのシステムブロック図例 出典:東芝デバイス&ストレージ

 同社は「TXZファミリー」マイコンとして今後、「高速データ処理向け通信制御マイコングループ」や、「低速から中速のモータ制御向け高精度アナログ回路搭載のマイコングループ」なども用意する計画である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.