メディア
ニュース
» 2019年04月04日 13時30分 公開

前年比10.6%増:2018年の世界半導体材料市場、519億ドルで過去最高に

SEMIは2019年4月2日(米国時間)、2018年の半導体材料市場が519億米ドルとなり、過去最高となったことを発表した。前年比で10.6%増加しており、これまでの過去最高額だった2011年の471億米ドルを上回った。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 SEMIは2019年4月2日(米国時間)、2018年の半導体材料市場が519億米ドルとなり、過去最高となったことを発表した。前年比で10.6%増加しており、これまでの過去最高額だった2011年の471億米ドルを上回った。

 519億米ドルのうち、ウエハープロセス材料販売額が前年比15.9%増となる322億米ドル、パッケージング材料販売額が前年比3.0%増となる197億米ドルだった。

 地域別の消費量は、台湾がトップで114億米ドル。2位は韓国で87億米ドル、3位は中国で84億米ドル、4位が日本で76億米ドルとなった。SEMIによると、台湾は9年連続で、世界最大の半導体材料消費地になっているという。前年比の成長率では、台湾、中国、韓国、欧州が大きく伸びた。一方で日本と北米は1桁台の成長率となった。

2017〜2018年の半導体材料市場(売上高の単位は10億米ドル)
地域 2017年 2018年 成長率(%)
台湾 10.30 11.45 11%
韓国 7.51 8.72 16%
中国 7.63 8.44 11%
日本 7.04 7.69 9%
その他地域 5.81 6.21 7%
北米 5.29 5.61 6%
欧州 3.36 3.82 14%
合計 46.94 51.94 11%
出典:SEMI 2019年4月

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.