メディア
TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア2019)特集
ニュース
» 2019年04月15日 16時45分 公開

TECHNO-FRONTIER 2019 開催直前情報:「モーター開発に貢献する測定器」を展示 横河計測

横河計測は、2019年4月17〜19日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2019」で、「モーターの開発に貢献するソリューション」をテーマに展示を行う。

[EE Times Japan]

次世代パワーデバイスを採用したモーターの開発を、より速く

 横河計測は、2019年4月17〜19日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2019」で、「モーターの開発に貢献するソリューション」をテーマに展示を行う。

 SiCインバーターの普及や進化に伴い、電気自動車(EV)や産業用ロボットなどさまざまな場面で電動モーターの採用が広がっている。こうしたモーターは、より高効率かつ小型、高出力であることが求められており、開発上の新たな課題が生まれている。横河計測は、それらを解決する最新の測定器を展示する。「素材・材料」「パワーデバイス」「制御ソフトウェア」「メカトロニクス」といった多岐にわたる技術要素についての包括的な計測ソリューションを、パートナー企業であるメトロン技研、DTSインサイトとともに提供するという。

 さらに、新製品の次世代型高精度電力計「WT5000」と縦型オシロスコープ「DLM3000」の2機種も展示する。

 WT5000は非常に高い精度と、入力エレメントのモジュラー構造化を実現したもの。最大4台までのモーター評価が可能となり、モーター開発の現場で、従来機種よりもさらにフレキシブルに測定できるとする。

「WT5000」の外観

 DLM3000は、タッチパネルを搭載し、従来機種よりも直感的な設定が可能だ。内部プラットフォームを一新し、入力からトリガー、表示、保存、PCへのデータ転送の全体にわたり、機能性能を向上した機種になっているという。DLM3000は、ブースにて体験できる。

「DLM3000」の外観

 「パワーエレクトロニクス業界では日々その進歩を確認することができるが、特にSiCやGaNといった新たなパワーデバイスが実用段階に入り、効率の大幅な向上が見込まれ、効果を正確に評価すべく、計測にも、より高い精度が求められている。例えば、高速にスイッチングする信号に対しては、ノイズの影響を押さえてより安定して測定できる性能が、計測器に求められるようになっている」(横河計測)

 また、TECHNO-FRONTIER 2019に期待することとして、「モーターや電源システムなどパワーエレクトロニクスの幅広い分野の技術者が集まることが期待されるTF2019が、弊社測定器による多種多様なソリューションをご紹介できる良い機会になればと考えている。測定器としての高い信頼性を多くの顧客にお伝えするとともに、顧客の開発スピードを向上するための数々の機能、使いやすさへのこだわりを、ぜひ、実機操作を通じて体感していただければ」と語った。

TECHNO-FRONTIER 2019

会期 2019年4月17日(水)〜19日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 千葉・幕張メッセ
横河計測 ブースNo.:4F-20
TECHNO-FRONTIER 2019特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.