メディア
ニュース
» 2019年05月13日 09時30分 公開

JAXAの認定を取得:日本電波工業、宇宙用電子機器向け水晶発振器

日本電波工業は、宇宙用電子機器に搭載可能な水晶発振器(XO)を開発、受注を開始した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

宇宙ビジネスの拡大に対応

新製品の外観

 日本電波工業は2019年5月、宇宙用電子機器に搭載可能な水晶発振器(XO)を開発し、受注を開始した。

 同社は、1978年に当時のNASDA(現在はJAXA)より、宇宙開発用水晶振動子の認定を取得。それ以降も、人工衛星やロケットなどに搭載される電子機器に向けた水晶発振器を開発し、供給してきた。近年は宇宙利用のビジネスが注目されている。新製品を投入することで、海外市場も含めて同事業の拡大を図る。

 新製品は、公称周波数が41M〜100MHz、消費電流は最大40mA、出力レベルはAC-MOSロジックなどとなっている。パッケージはダブルシール構造を採用することで信頼性を向上させた。外形寸法は15.8×15.8×3.5mmである。

新製品の主な動作条件や特性 出典:日本電波工業

 同社は、JAXA規格の品質確認試験を実施。新製品はJAXA-QTS-2020宇宙開発用信頼性保証混成集積回路共通仕様書に適合しており、JAXAの認定を取得している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.