メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
ニュース
» 2019年05月10日 09時30分 公開

PCIM Europe 2019でロームが講演:車載インバーターのSiC採用、2021年以降に活発化 (1/3)

ドイツ・ニュルンベルクで毎年5月ないし6月に開催されるパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Europe」において、年々存在感が高まっているのが、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)向けのパワーエレクトロニクス技術の紹介に特化したブース「E-Mobility Area」である。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ドイツ・ニュルンベルクで毎年5月ないし6月に開催されるパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Europe」において、年々存在感が高まっているのが、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)向けのパワーエレクトロニクス技術の紹介に特化したブース「E-Mobility Area」である。3年前に初めて設けられて以来、毎回多くの来場者を引き付けるエリアとなっている。

 「PCIM Europe 2019」(2019年5月7〜9日)では、さまざまな企業がセッションを行う「E-mobility Forum」のスペースを広く取り、3日間にわたり30を超えるセッションが開催された。

「E-mobility Forum」は、セッションを聴講する来場者で常に人だかりがあった(クリックで拡大)

2021年以降は車載用インバーターでのSiC採用が活発に

Rohm Semiconductorの法貴智則氏

 ロームのドイツ法人Rohm Semiconductorからは、European Product MarketingでProduct Managerを務める法貴智則氏が登壇し、同社のe-モビリティ向けSiCパワーデバイス開発を紹介した。

 法貴氏は、SiCパワーデバイスの世界市場が2025年には約23億米ドルに達するという予測を紹介し、同市場をけん引するのはSiC-MOSFETだと述べた。

 現在、自動車ではDC-DCコンバーター、インバーター、OBC(On-Board Chager)、ワイヤレスチャージャーでSiCパワーデバイスの採用が始まっている。とりわけDC-DCコンバーターとOBCでは、SiCを採用するメリットが分かりやすいため、普及が進んでいると法貴氏は述べる。「そして現在、SiCの搭載が始まろうとしているのが、インバーターと、急速充電向けのハイパワーDC-DCコンバーターだ」(同氏)。こうした動きは、2020年以降に活発になっていくとロームは見ている。

IHS Markitの調査に基づき、ロームが予測したSiCパワーデバイス市場。グラフの黄色い部分が自動車向けのSiCパワーデバイスで、大きな割合を占めていることが見て取れる(クリックで拡大)
車載アプリケーションにおけるSiCパワーデバイスの採用の傾向。2020年以降はOBCとDC-DCコンバーター以外でもSiCパワーデバイスの採用が活発化するとロームは予測する(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.