メディア
ニュース
» 2019年05月21日 10時30分 公開

米Intelの役員が登壇:インテル、企業向けセミナーで最新ソリューションを紹介 (2/2)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「企業のトラステッドアドバイザーに」

インテル社長の鈴木国正氏

 セミナーでは、インテル社長の鈴木国正氏も登壇。日本はGDPが世界第3位の経済大国だが、米国や中国のICTへの投資額が右肩上がりを続ける中で、日本はほぼ横ばいの状態だと指摘し、さらに、「一般的な日本企業では、投資は主にコスト削減と効率化が目的で、新規事業への通しになかなか向けられていない」とした。

 一方で、日本企業は「今のままのビジネスは5年後、10年後にはなくなるのでは」という共通の危機感と、デジタルトランスフォーメーションの重要性の認識を間違いなく持っていると説明。インテルは、そうした企業をサポートするため、デジタルトランスフォーメーションによる企業の新規事業の創出開拓のフレームワークを作る「コーポレート戦略チーム」を立ち上げたことを紹介した。鈴木氏は、「インテルは半導体の供給者であるのに加え、企業のトラステッドアドバイザーとなる。数年間かけ価値を出し、企業の新規事業の創出に貢献していく」と話していた。

インテルは、新規事業機会の創出をサポートする

 この他、会場ではパートナー企業の講演などが行われたほか、同社の最新の製品やソリューションが展示されていた。

左=展示されたインテルXeon Platinum 9200プロセッサと第2世代インテル Xeon スケーラブル・プロセッサ/右=インテル Optane DC パーシステント・メモリ
左=SAP HANAデータベースのソリューション。インテルのパーシステントメモリ技術によって、低コストでより多くのデータをリアルタイム処理できるようになり、起動時間も高速化されたという/左=展示された、OpenVINOツールキット‐Inference Engineの内容
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.