メディア
人とくるまのテクノロジー展2019 特集
ニュース
» 2019年05月24日 09時30分 公開

市光工業が「人テク展」でデモ:「渡ってください」 歩行者にLEDで伝えるクルマ

フランスの自動車部品メーカーValeoの傘下である市光工業は「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、車両のフロント部分にLEDで文字やイラストを表示しメッセージを伝達するシステムのデモを行った。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 フランスの自動車部品メーカーValeoの傘下である市光工業は「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、車両のフロント部分にLEDで文字やイラストを表示しメッセージを伝達するシステムのデモを行った。

 自動運転車に搭載することを想定したシステムで、フロントバンパーに搭載した400個のLEDを点灯させることで、「これから自動運転モードに入ります」「パーキングします」「(歩行者に対し)渡ってください」といったメッセージを、周囲のドライバーや歩行者に伝える。

 例えば、自動運転中の時はLEDがターコイズブルー*)に点灯する。駐車する際は「P(ParkingのP)」が、歩行者に渡ってほしい時にはハートマークが表示されるといった具合だ。

*)ターコイズブルーは、クルマが自動運転中であることを示す色として国際規格になる見通しだ。

駐車する時に表示される「P」のマーク(左)や、歩行者に注意喚起する「×(バツ)」のマーク。ターコイズブルーは、クルマが自動運転中であることを示す色だ(クリックで拡大)

 市光工業によれば、実物大のフロントモデルを使ったデモは、今回の展示会で初めて披露したという。同社の担当者は「HUD(ヘッドアップディスプレイ)など、ドライバーに情報を伝える車内のシステムはいくらでもあるが、周囲のドライバーや、歩行者、自転車にメッセージを表示する手段は今までなかった。だが、こうした手段は本来必要なものである。自動運転車が本格的に普及し始めれば、ますます必要になってくるだろう」と述べる。

 市光工業は、「当社がライティングの事業で培ってきた光源メーカーとの関係や、LEDを任意のパターンで点灯させる技術などが、今回のようなライティングシステムで生きると確信している」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.