メディア
ニュース
» 2019年06月04日 09時19分 公開

車載半導体首位に:InfineonがCypress買収へ、約1.1兆円で

Infineon Technologiesは2019年6月3日(ドイツ時間)、Cypress Semiconductorを買収することで、Cypressと合意したと発表した。

[EE Times Japan]

 Infineon Technologiesは2019年6月3日(ドイツ時間)、Cypress Semiconductorを買収することで、Cypressと合意したと発表した。買収額は約90億ユーロ(約1兆1000億円)。2019年末から2020年初めまでに買収を完了させる予定。

 買収は、Infineonが、Cypressの株式を1株あたり23.85米ドルの現金で買収する予定で、総額は約90億ユーロになる。

 Infineon CEO(最高経営責任者)のReinhard Ploss氏は買収発表のリリースの中で「Cypressの計画的買収は、Infineonの戦略的開発における画期的な一歩。自動車、産業、IoT(モノのインターネット)の各分野でさらなる成長の可能性が開かれる」とコメントしている。

 Cypressの2018年売上高は約24.8億米ドルで、そのうち、30%以上を車載向け半導体事業が占めている。Cypressの買収により、Infineonの売上高規模は100億米ドルを上回り、「世界第8位のチップメーカーになるだろう」(Infineon)とする。また、車載用半導体に限ると、今回の買収により、NXP Semiconductorsを交わして、世界シェア首位になる見通しだ。

⇒関連記事:InfineonのCypress買収は“弱点の克服”を狙う一手

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.