メディア
ニュース
» 2019年06月14日 09時30分 公開

LoRaWANゲートウェイでは「世界トップ3」と説明:米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入 (1/2)

M2M、IoT通信機器メーカーのMulti-Tech Systems(以下、マルチテック)が、2019年に入りアジア初拠点を東京都内に開設するなど、日本市場への本格参入を進めている。同社CEOのStefan Lindvall氏は、同年5月、東京都内で報道陣向けの会見を行い、同社の事業戦略について説明。「LoRaWANのポートフォリオをスタートとして、マルチテックの幅広い製品やサービスで日本市場のニーズを満たせるような機会を模索していく」と語った。

[永山準,EE Times Japan]
Multi-Tech SystemCEOのStefan Lindvall氏

 M2M(Machine to Machine)、IoT(モノのインターネット)通信機器メーカーのMulti-Tech Systems(以下、マルチテック)が、2019年に入りアジア初となる拠点を東京都内に開設、LPWA(Low Power Wide Area)製品を中心に、日本市場への本格参入を進めている。同社CEOのStefan Lindvall氏は、同年5月、東京都内で報道陣向けの会見を行い、同社の事業戦略について説明、「LoRaWANのポートフォリオをスタートとして、マルチテックの幅広い製品やサービスで日本市場のニーズを満たせるような機会を模索していく」と語った。

「世界トップ3に入る」LoRaWANゲートウェイに注力

 マルチテックは1970年に産業用アナログモデムメーカーとして、米ミネソタ州ミネアポリスで創業した。産業用M2MやIoT通信に特化し、主に農業、エネルギー、ヘルスケア、企業の4つの垂直市場で事業を展開している。通信機器の設計、開発、製造、サポートを一貫して行っており、これまで世界で2500万個以上のデバイスを提供してきたという。Lindvall氏は、今後の世界市場におけるIoTデバイスやLPWA通信の展望に触れ、「必ず強く伸びていくと確信している。われわれは包括的なポートフォリオを持っているので、さまざまな要望やユースケースに応じた提案ができる」と説明している。

数字で見るMulti-Tech Systems(クリックで拡大)出典:Multi-Tech Systems

 同社では、LPWAやセルラーなど幅広い製品を展開している。現在、同社の主力はセルラー製品ではあるが、過去3年間、特にLoRaWAN機器の拡充に注力してきたといい、Lindvall氏は、「マルチテックの中で一番早く成長しているのがLoRaWAN機器だ」と説明。同社では、LoRaWANのゲートウェイにフォーカスした事業展開をしており、そのシェアは、「中国を除いた世界市場において20%(中国を含むと約25%になるという)を占めており、業界でトップ3に入る」と強調した。

左=グローバルなIoT市場の展望。IoTデバイスの数やLPWA通信が、大きく増加すると予測されている/右=市場ソリューションの概要。Multi-Tech Systemsは緑色で表示されている全ての無線通信規格に対応しているという(クリックで拡大)出典:Multi-Tech Systems

 なぜ、LoRaWANに注力するのか。Lindvall氏は、無線局免許が不要なアンライセンス系のLPWAは企業にとって導入が容易であり「ビジネスモデルの観点から、機会が多い」という点や、低消費電力で、長距離伝送できるという技術的な特長、そして、外部の通信網を利用することなく、事業所内で専用のネットワークを構築ができるというセキュリティ面の特性を挙げた。

 「自社でコントロールができ、新たな形のビジネスができるLoRaWANは、日本だけでなく米国、欧州など多くの企業が高い関心を寄せている」(Lindvall氏)

2021年のLPWAの出荷数推移予測(上)。LoRaWANが大きな割合を占めると予測されている/アプリケーション別の市場規模予測(下)(クリックで拡大)出典:Multi-Tech Systems
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.