メディア
ニュース
» 2019年06月24日 09時30分 公開

上席副社長が来日:「2000億米ドル超の市場」狙うIntel、新事業本部を設立 (1/3)

 Intelの日本法人インテルは2019年6月20日、東京都内で記者説明会を実施し、2019年第2四半期の取り組みを説明した。説明会では、Intel上席副社長のDan McNamara氏が、同社が「プログラマブル・ソリューションズ事業本部(PSG)」と「ネットワーク・インフラストラクチャ事業本部」の2つの事業部門を統合して、同月新たに設立した「ネットワーク&カスタムロジック事業本部(NCLG)」についても紹介。NCLGの責任者はMacNamara氏が務めるといい、「統合によって、幅広いポートフォリオの全てをワンストップで提供できるようになる」と説明した。

[永山準,EE Times Japan]

インテル史上最大の市場規模へ

Intel上席副社長兼ネットワーク&カスタムロジック事業本部長、Dan McNamara氏

 Intelの日本法人インテルは2019年6月20日、東京都内で記者説明会を実施し、2019年第2四半期の取り組みを説明した。説明会では、Intel上席副社長のDan McNamara氏が、同社が「プログラマブル・ソリューションズ事業本部(PSG)」と「ネットワーク・インフラストラクチャ事業本部」の2つの事業部門を統合して、同月新たに設立した「ネットワーク&カスタムロジック事業本部(NCLG)」についても紹介。NCLGの責任者はMcNamara氏が務めるといい、「統合によって、幅広いポートフォリオの全てをワンストップで提供できるようになる」と説明した。

 説明会では、まず、インテル社長の鈴木国正氏が登壇。鈴木氏は、現在、世界に存在しているデータの50%が過去2年間で生み出されたものであり、さらに、そのうちビジネスに活用されているのは2%程度だとする調査内容を紹介したうえで、IntelがPC中心からデータ中心の企業へとシフトしていることを説明。また、テクノロジーの変革として、人工知能(AI)、5G(第5世代移動通信)ネットワーク、自律(オートノマス)システムの3大トレンドがあり、継続的な投資を行っていくことも紹介した。

「人工知能(AI)、5G(第5世代移動通信)ネットワーク、オートノマスシステムがテクノロジーの大変革をけん引する」という(クリックで拡大)

 McNamara氏は、2023年には、データセンター、ネットワーク、IoT(モノのインターネット)の3つの分野からなるデータ中心の市場が2200億米ドルを超える規模となることや、年平均成長率7%と安定して成長していくという予測を示し、「インテル史上最大の市場規模であり、大きなビジネスチャンスだ」と説明。「現在、この市場でのシェアはまだ低い。これまでのPC中心の市場で築いてきたマインドセットを破っていかないといけない」と強調した。

「データ中心の市場は、インテル史上最大規模だ」と強調した(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.