メディア
ニュース
» 2019年06月26日 16時10分 公開

2020年度中に月10万個で量産:村田製作所、容量が大きい全固体電池を開発

村田製作所は、電池容量が最大25mAhと業界最高レベルの全固体電池を開発した。ウェアラブル機器やIoT(モノのインターネット)機器などの用途に向ける。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

容量は2mAhから25mAh、表面実装にも対応

全固体電池の外観 出典:村田製作所

 村田製作所は2019年6月、電池容量が最大25mAhと業界最高レベルの全固体電池を開発したと発表した。ウェアラブル機器やIoT(モノのインターネット)機器などの用途に向ける。

 開発した全固体電池は、縦と横の寸法がそれぞれ5〜10mm、高さが2〜6mmで、容量は2mAh〜25mAh(25℃)を実現、これまで公表されている全固体電池に比べると極めて大きい。定格電圧は3.8Vである。電解質に酸化物セラミックスを用いており、「熱に強く、燃えない」特性を実現した。表面実装にも対応する。

一般的な二次電池と開発品がターゲットとする領域 出典:村田製作所

 開発した全固体電池は、同社野洲事業所(滋賀県野洲市)で生産する。2020年度中には月10万個規模で量産する予定である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.