メディア
特集
» 2019年07月09日 11時30分 公開

まだまだニーズが高い:好調が続くHDD、データセンター向けで新しい動きも (2/2)

[Gary Hilson,EE Times]
前のページへ 1|2       

ストリーミングではHDDが優れた性能を発揮

クライアントデバイス向けのHDDの売上高は減少しているが、データセンターやNAS(Network-Attached Storage)向けでは需要が高まっているという。画像はSeagateの「IronWolf」 出典:Seagate

 「ただし、『1種類のHDDが全ての用途に適用できる』という考え方は、もう通用しない。SSDがここ数年の間に、異なる作業負荷に対応するために細分化されてきたように、作業負荷向けに最適化された専用のHDDを求める声が高まっている。今後数年の間に、データセンターに大きな影響が及ぶようになるだろう。10年前までは、クラウドデータセンターで収集されるデータは、主にERP(Enterprise Resources Planning)のデータベースで、非常に構造化されていた。しかし現在のデータは、大きく変化している。例えば、ビデオストリーミングの監視データや、LTE対応のスマートシティーデバイスのデータなどで構成されている。ほとんどのデータが、大規模な連続データになるため、データを支配していた旧型のデータベースとは大きく異なる方法で保存する必要がある」(Ramirez氏)

 IDCのエンタープライズインフラストラクチャプラクティス部門担当リサーチバイスプレジデントを務めるEric Burgener氏は、「Western DigitalのZoned Storageは、ランダムな作業負荷の場合には、フラッシュメモリや、ストレージクラスメモリのような他の新しいソリッドステート技術などが明らかに適しているという事実を反映している。しかし、ストリーミングの作業負荷に関しては、HDDは非常に優れた性能を提供する」と述べている。

【翻訳:滝本麻貴、田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.