メディア
ニュース
» 2019年07月11日 10時30分 公開

ポジティブワンがサービス開始:Jetson Nano利用のAI応用システム構築を支援

ポジティブワンは、NVIDIA製の機械学習開発プラットフォーム「Jetson Nano」を利用したシステム開発を支援するために、オリジナルキャリアボードの回路設計や基板設計、製造サービスを始める。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

複数の高解像度センサー情報も高速に並列処理

Jetson Nano開発者キットの外観

 ポジティブワンは2019年7月、NVIDIA製の機械学習開発プラットフォーム「Jetson Nano」を利用したシステム開発を支援するために、オリジナルキャリアボードの回路設計や基板設計、製造サービスを始めると発表した。

 NVIDIAが提供する第1世代のプラットフォーム「Jetson TX1」は、256CUDA(Compute Unified Device Architecture)コアを搭載した「Maxwell GPU」を用いている。この製品は1024GFLOPSの演算性能を実現しているが、高価でもあった。同じ価格帯で演算性能を2倍に高めた「Jetson TX2」なども用意している。

 これらの製品に対し、Jetson Nanoはエントリーレベルのユーザーを狙ったプラットフォームである。128CUDAコアを集積したMaxwell GPUなどを搭載している。演算能力は472GFLOPSで、複数のニューラルネットワーク処理と同時に、複数の高解像度センサーからの入力情報も高速に並列処理することができるという。

 Jetson Nanoの開発者キットは、99米ドルと比較的安価に設定されており、AI(人工知能)を応用したシステム開発/検証などを行う個人のクリエーターや学生などが、手軽に導入できるようになった。

 用途として、エントリーレベルのネットワークビデオレコーダーやホームロボット、分析機能を備えたゲートウェイなどのIoT(モノのインターネット)機器を想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.