メディア
ニュース
» 2019年07月18日 09時30分 公開

臨場感あふれる8K映像を配信:ソシオネクスト、8Kストリーミングエンコーダー

ソシオネクストは、8K映像のライブストリーミングを可能にするエンコーダー装置「e8」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

メディアプレーヤーと組み合わせたシステム動作も確認

 ソシオネクストは2019年7月、8K映像のライブストリーミングを可能にするエンコーダー装置「e8」を開発し、2019年9月より発売すると発表した。

 e8には、ソシオネクスト製のマルチチャネルリアルタイムエンコーダーSoC「MB86M31」を搭載し、8K/60p映像のHEVC/H.265エンコードをリアルタイムに処理することができる。これにより、高精細かつ大容量の映像をIPネットワーク経由で、ライブストリーミングできる。高品位の4:2:2:10ビットカラープロファイルをサポートしており、臨場感あふれる映像配信を可能にした。

e8の外観

 また、8Kビデオカメラに接続できる12G‐SDIインタフェース(4チャネル)を備えており、HLSやRTPといった各種ストリーミングプロトコルに対応することができる。同社製8Kメディアプレーヤー装置「s8」と組み合わせたシステムの動作検証も既に行われている。このため、機器同士を接続するだけで、スポーツなど各種イベントの迫力ある8K映像をライブ配信することが可能となる。

「e8」と「s8」を用いたライブストリーミングシステムのイメージ 出典:ソシオネクスト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.