メディア
ニュース
» 2019年07月23日 10時30分 公開

パートナーに三重富士通とUMC:90nmプロセスの多用途展開を加速するMaxim (3/3)

[永山準,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

自動車分野でもP90のソリューションを展開

 この日は、Maximの自動車部門を統括するバイスプレジデント、Randall Wollschlanger氏も来日し、同社の自動車分野における戦略について語った。

Wollschlanger氏は、特にMaximが強みを持つ分野として、同社にとって自動車分野における最大の分野でもある「パワーマネジメント」をはじめ、EVやハイブリッド車に搭載する「バッテリーマネジメントシステム」や「ADAS」、ヘッドランプや車内の「LED照明」「USBポート」のソリューション、ディスプレイやカメラのアプリケーション向けに提供する「SerDes(シリアライザ/デシリアライザ)」の6つを挙げた(クリックで拡大)出典:Maxim Integrated
Maximの自動車部門を統括するバイスプレジデント、Randall Wollschlanger氏

 自動車関連市場のメガトレンドを紹介したWollschlanger氏は、「自動車関係のユーザーは、これまでスマートフォンで実現してきたユーザーインタフェースを自動車でも実現したいという要望があるが、Maximの技術は車載向けにもそのまま発揮できる」と語り、市場においては、「インフォテインメント関係がビジネスのベースとしては最大だ」と説明。そのうえで、「近年、急成長を遂げるテレマティクス、ADASや車両の電動化にも積極的に投資をしてきた」と述べた。

自動車関連市場のメガトレンドとして、この4つが挙げられた(クリックで拡大)出典:Maxim Integrated

 Wollschlanger氏は、「現在の自動車は車輪の上にデータセンターが載って走っている。電子部品のコンポーネント数が増え、複雑性も増している。また以前よりより大きなパワーも必要となり、高効率化が求められている」と述べたうえで、P90を用いたソリューションによって、LED照明のオペレーション効率の向上や、コールドクランクなど、過酷な環境にも対応する細かなパワーマネジメントにも対応が実現できると、その特長について説明。「P90のテクノロジーのプラットフォームを展開することで、これまでより早いスピードでマーケットのシェアを獲得できると確信している」と述べた。

左=自動車関連では、パワーマネジメントにおいて多くのニーズが生まれている/右=P90のテクノロジーのプラットフォームを展開することで、こうした価値が実現できるという(クリックで拡大)出典:Maxim Integrated
P90のプラットフォームによる、ソリューションの例(クリックで拡大)出典:Maxim Integrated
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.