メディア
コラム
» 2019年07月25日 15時30分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:対韓国「輸出管理の厳格化」で気になる2つのこと

米中だけでなく、日韓でも半導体業界が巻き込まれてしまうとは……。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 この記事は、2019年7月25日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「モノづくり総合版 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


 韓国に対する輸出管理の厳格化をめぐる動きが、発表から1カ月もたたないうちに泥沼化しています。ちょうど、世界貿易機関(WTO)の一般理事会がスイスで始まっており、輸出管理強化について議論が行われる(正確には、このコラムを書いている7月24日に持ち越しとなりましたね)予定です。

 日韓両国の報道機関による“あおり合戦”もヒートアップする一方ですが、今回は特に、半導体材料が絡むだけに無関心ではいられません。

 いろいろな報道を読んだり、半導体材料の分野に詳しいアナリストや技術ジャーナリストの方々に話を聞いていたりすると、どうも気になる点が2つあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.