メディア
ニュース
» 2019年07月30日 10時30分 公開

センサー融合技術などを強化:CEVA、ヒルクレスト・ラボラトリーズを買収

CEVAは、民生用やIoT(モノのインターネット)機器向けセンサー処理のソフトウェアやコンポーネント事業を手掛けるHillcrest Labs(ヒルクレスト・ラボラトリーズ)を買収する。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

センシングプラットフォームを補完

 CEVAは2019年7月、民生用やIoT(モノのインターネット)機器向けセンサー処理のソフトウェアやコンポーネント事業を手掛けるHillcrest Labs(ヒルクレスト・ラボラトリーズ)を買収すると発表した。

 ヒルクレスト・ラボラトリーズは、インターデジタル傘下の企業で、15年以上も前からセンサー処理関連の事業を展開。同社が提供するソフトウェア「MotionEngine」は、カメラのコンピュータビジョンやAI(人工知能)処理、マイクの音声処理などに適しており、CEVA DSPを始め、Arm Cortex-Mシリーズや同Aシリーズ、RISC-VコアなどのRISCプロセッサ上で動作する。

 これまで1億セットを上回る機器に、ヒルクレスト・ラボラトリーズの技術が採用されてきた。例えば、慣性計測装置(IMU)などの各種センサーをはじめ、自立型ロボットやドローン向け高精度ナビゲーションなどがある。

買収後の事業イメージ 出典:CEVA

 センシングプラットフォームやAIプロセッサを手掛けるCEVAは今後、CEVA DSPのライセンス供与先に対して、ヒルクレスト・ラボラトリーズ製のソフトウェアやセンサー統合技術も直接提供することが可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.