メディア
ニュース
» 2019年07月29日 13時30分 公開

イスラエルの新興企業:道路に埋め込むIoTセンサー、道路状況を自動で予測

イスラエルのスタートアップ企業Valerannは、2019年7月18〜19日に東京都内でソフトバンクが開催したイベント「SoftBank World 2019」で、道路に埋め込むIoT(モノのインターネット)センサー「Smart stud(スマートスタッド)」を利用した道路状況監視システムの展示を行った。説明担当者は、「道路の情報をリアルタイムで解析可能なので、これまでマニュアルでカメラを見ながら判断していた作業を全て自動化できる」と話した。

[永山準,EE Times Japan]

 イスラエルのスタートアップ企業Valerannは、2019年7月18〜19日に東京都内でソフトバンクが開催したイベント「SoftBank World 2019」で、道路に埋め込むIoT(モノのインターネット)センサー「Smart stud(スマートスタッド)」を利用した道路状況監視システムの展示を行った。説明担当者は、「道路の生の情報をリアルタイムで解析可能。これまでは、マニュアルでカメラを見ながら判断していた作業を全て自動化できる」と話した。

道路に埋め込むIoTセンサー「Smart stud(スマートスタッド)」。LEDが搭載されており赤く点灯している。事故の際など、状況に応じて変色させることも可能という(クリックで拡大)

 Valerannは、IoTによって道路状況監視を自動化する「スマートロードシステム」を開発するイスラエル発のスタートアップ企業だ。2016年の創業以降、国際的なイノベーションコンテストで受賞するなど注目を集めており、米国のI-95高速道路や英国M1モーターウェイでは、このシステムの実証実験も実施している。同社は2018年に、ソフトバンクが技術支援やビジネスマッチングなどを行う「IoTパートナープログラム」に参加している。

リアルタイムに渋滞や事故を感知、予測

 同社が開発する、スマートロードシステムは、複数の物理センサーを搭載したスマートスタッドを、10〜15m間隔で道路に埋め込むことで、走行する車両の分類や、総数、走行速度、そして雪や雨などの環境情報をリアルタイムで取得。道路に沿って配置するゲートウェイを通じて同社のクラウドに送信し、独自のアルゴリズムによって、渋滞や事故、落下物などの感知や、渋滞予測などを自動で行うというものだ。

 クラウドには専用のAPIを介して各種デバイスで接続可能だといい、「将来的にはコネクテッドカーに直接情報を送るといった応用も考えられる」(説明担当者)という。

 搭載するセンサーについては、「IPなので詳しくは明かせない」(説明担当者)が、7トンのトラックが上を走っても問題ない耐久性がある。また、7年間は交換不要なので、セメントの張替の周期に対応できる」と話していた。

 会場では、スマートロードシステムのデモが展示されており、クルマの種類や数、速度などの分析のほか、道路上の渋滞状況をグラフィックで表示される様子が確認できた。

デモの様子。車種や速度、道路の渋滞状況などが分かりやすく表示されている(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.