メディア
ニュース
» 2019年08月16日 11時30分 公開

下り1.72Gbpsの通信に成功:「5G実演中!!」5Gスマホ実機の通信デモを公開

 中国の携帯電話機メーカーOPPOとキーサイト・テクノロジーは、楽天のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンの実機を用いた5G通信のデモンストレーションを行った。

[永山準,EE Times Japan]

 中国の携帯電話機メーカーOPPOとキーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は、楽天のイベント「Rakuten OPTIMISM 2019」(パシフィコ横浜/2019年7月31日〜8月3日)で、5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンの実機を用いた5G通信のデモンストレーションを行った。

「5G実演中!!」と書いた手書きの看板が目を引いた。(クリックで拡大)

 使用していたのはOPPOが既に海外で販売している5G対応スマートフォン「OPPO Reno 5G」。免許の関係上、無線での通信を行うことはできないため、今回は、キーサイトの基地局シミュレーターと有線接続したうえ、電波を遮断するシールドボックス内に入れた状態でデモンストレーションを行っていた。

 基地局シミュレーターは、キーサイトの「E7515B UXM 5Gワイヤレステストプラットフォーム」。基地局とスマートフォンそれぞれで4本のアンテナを使う「4×4 MIMO」での利用を想定し、基地局シミュレーターと端末は4本の同軸ケーブルで接続していた。

電波が漏れないように、5G対応スマホはシールドケース内に厳重に格納されていた。ケース横から伸びる同軸ケーブルが背面の基板につながっている。(クリックで拡大)

 デモは、OPPOの端末が対応する3.4GHz帯(バンドN78)で実施しており、実際に、下り1.72Gビット/秒(bps)、上り17.22Mbpsという数値が安定して出ていることが確認できた。

左=デモの画面。下り1.72Gbps、上り17.22Mbpsが安定して出ていた。/右=見えづらいが、アンテナピクト部分に確かに「5G」のアイコンが表示されていた。(クリックで拡大)

 楽天モバイルのサブ6GHz帯での通信は、理論値1.74Gbpsと想定しており、説明担当者は「市販の端末でも、このように理論値に近い数値が出るということが分かる」と話していた。

こちらは、日本国内で発売中の「OPPO Reno 10x Zoom」。「OPPO Reno 5G」と外観はほとんど同じだ。※説明担当者によると、アンテナが増える分、やや厚みが異なるという。(クリックで拡大)
↑↑↑>>>特集ページへ<<<<↑↑↑

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.