メディア
ニュース
» 2019年08月19日 13時30分 公開

気圧と水圧、センサー1つで測定:アルプスアルパイン、防水気圧センサーを量産

アルプスアルパインは、標高9000mの低圧環境から水深10mの高圧環境まで利用できるデジタル防水気圧センサー「HSPPAD143A」の量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

専用IC搭載で消費電流を低減

HSPPAD143Aの外観

 アルプスアルパインは2019年8月、標高9000mの低圧環境から水深10mの高圧環境まで利用できるデジタル防水気圧センサー「HSPPAD143A」の量産を始めた。フルカスタムの専用ICを搭載し、消費電流を低減した。

 HSPPAD143Aは、これまで300〜1100hPa(ヘクトパスカル)だった圧力の計測範囲を、300〜2100hPaに拡大した。Oリングと組み合わせた機構設計により防水性能も高め、気圧と水圧を1つのセンサーで計測することが可能となった。

 さらに、社内の設計ノウハウを生かしたフルカスタムの専用ICを搭載し、ローパワーモードで動作する時の消費電流を1.8μAに抑えた。分解能は2Pa/LSBである。計測精度は±2hPa。外形寸法は3.1×3.1×2.6mmで、表面実装が可能なパッケージで供給する。

 サンプル価格(税別)は550円。2019年8月より月産10万個体制で量産を始めた。同社は、ウェアラブル機器の他、ガスメーターのガス圧測定など、さまざまなIoT(モノのインターネット)機器における圧力計測用途に、新製品を提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.