メディア
ニュース
» 2019年08月19日 10時30分 公開

データセンター向け戦略を加速:ザイリンクス、SolarflareのSmartNIC技術を統合

ザイリンクスは、Solarflare Communicationsの買収を全て完了し、Solarflareの「SmartNICテクノロジー」をザイリンクス製品に統合した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

適応型アクセラレーターカード「Alveo」への統合も計画

 ザイリンクスは2019年8月、Solarflare Communications(以下、Solarflare)の買収を全て完了し、Solarflareの「SmartNICテクノロジー」をザイリンクス製品に統合したと発表した。これを機にザイリンクスは、「データセンターファースト」の戦略を一段と加速する。

 ザイリンクスは、2017年にSolarflareの戦略的投資家となった。その後、消費電力75W以下で1秒当たり1億パケット以上の送受信を処理する、シングルチップFPGAベースのインテリジェントネットワークインタフェースカード「100Gb SmartNIC」を共同で開発するなど、協業による成果を上げてきた。

 こうした状況を踏まえザイリンクスは、協業体制にあったSolarflareを買収することで最終合意。発表した2019年4月以降は、技術や製品の統合に向けて、準備を進めてきた。

 ザイリンクスとSolarflareの製品群を融合させた新たな「SmartNICソリューション」は、ソフトウェアとハードウェアに適応性があり、ネットワークやストレージ、演算などのワークロードを、NIC上で直接実行することができる。このため、従来のようにサーバ上でこれらのワークロードを実行させる必要がなくなるという。

 ザイリンクスは今後、標準サーバの演算性能を向上させるための適応型アクセラレーターカード「Alveo」に、Solarflareのネットワーク技術を統合することも計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.