メディア
ニュース
» 2019年08月22日 13時30分 公開

16nmの最新FPGA:900万個のロジックセルを搭載、Xilinxの「Virtex VU19P」

Xilinxは2019年8月21日(米国時間)、16nmプロセスを用いたハイエンドFPGAファミリ「Virtex UltraScale+」として、900万個のロジックセルを搭載した「Virtex UltraScale+ VU19P(以下、VU19P)」を発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Xilinxは2019年8月21日(米国時間)、16nmプロセスを用いたハイエンドFPGAファミリ「Virtex UltraScale+」として、900万個のロジックセルを搭載した「Virtex UltraScale+ VU19P(以下、VU19P)」を発表した。ロジックセル数は、440万個を搭載する既存の20nmプロセスFPGA「Virtex UltraScale 440」に比べて1.6倍となる。

 VU19Pは、350億個のトランジスタを搭載。最大1.5Tbps(ビット/秒)のDDR4メモリ帯域幅と2000以上のユーザーI/Oを備え、80個のトランシーバーは最大4.5Tbpsの帯域幅をサポートする。Xilinxの設計ツール「Vivado Design Suite」を使用することでデザインフローの協調最適化が可能だという。これにより、SoC(System on Chip)のプロトタイピングやエミュレーションが可能になり、機械学習などのAI(人工知能)や動画処理、センサーフュージョン向けの複雑なアルゴリズムの開発も行えるようになるとする。

 VU19Pは、2020年秋に量産出荷を開始する予定だ。

「Virtex UltraScale+ VU19P」 画像:Xilinx(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.