メディア
連載
» 2019年08月28日 11時30分 公開

福田昭のデバイス通信(197) 2019年度版実装技術ロードマップ(8):100年に1度の大変革期を迎えたモビリティー産業 (1/2)

今回から、第2章「注目される市場と電子機器群」で3番目の大テーマとなる「モビリティー」を紹介していく。2019年版のロードマップでは、「自動運転化」「コネクティッド化」「電動化」という3つのワードが含まれていることが、2015年版や2017年版とは大きく異なる点だ。

[福田昭,EE Times Japan]

モビリティー(自動車、鉄道、航空機)産業が大変革期に

 電子情報技術産業協会(JEITA)が発行した「2019年度版 実装技術ロードマップ」に関する完成報告会(2019年6月4日に東京で開催)と同ロードマップの概要をシリーズでご報告している。今回はその第8回である。前回はロードマップ第2章の「注目される市場と電子機器群」から、2番目の大テーマである「メディカル・ライフサイエンス(医療・生命科学)」の後半部分(バイオセンサー)をご説明した。今回より、同じく第2章「注目される市場と電子機器群」で3番目の大テーマである「モビリティー」をご紹介していく。

完成報告会のプログラム。プログラムで5番目の「注目される市場と電子機器群【モビリティー】」を今回からご報告していく。出典:JEITA(クリックで拡大)

 ロードマップ本体では第2章第4節に当たる「モビリティー」は、以下の6項で構成される。「2.4.1 はじめに」「2.4.2 自動運転化」「2.4.3 コネクティッド化」「2.4.4 電動化」「2.4.5 エンジンルーム外に搭載される電子機器ユニット」「2.4.6 エンジンルーム内に搭載される電子機器ユニット」、である。

第2章第4節「モビリティー」の目次(完成報告会の講演スライド)。「2.4.1 はじめに」から「2.4.6 エンジンルーム内に搭載される電子機器ユニット」までの6つの項目によって構成される。出典:JEITA(クリックで拡大)

 過去2回(2015年度版と2017年度版)のロードマップと比べた2019年度版の大きな違いは、「自動運転化」「コネクティッド化」「電動化」という3つのワードが含まれていることだろう。これら3つのワードは、自動車を含めたモビリティー産業の変革を表現している。

過去2回のロードマップと「モビリティー」における項目を比較。出典:JEITA(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.