メディア
ニュース
» 2019年09月02日 11時30分 公開

高精度測距技術の可能性を共有:NXPとVolkswagen、UWB技術で協力

NXP SemiconductorsとVolkswagen(フォルクスワーゲン)は、超広帯域無線(UWB:Ultra-Wideband)技術とそのシステム応用について、これからの可能性を共有し、実用化に向けて協力していくことで合意した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

クルマのセキュリティや安全性、利便性を追求

 NXP SemiconductorsとVolkswagen(フォルクスワーゲン)は2019年8月、超広帯域無線(UWB:Ultra-Wideband)技術とそのシステム応用について、これからの可能性を共有し、実用化に向けて協力していくことで合意したと発表した。VolkswagenはUWB搭載のコンセプトカーを用い、盗難防止機能などの事例を具体的に紹介している。

 UWBは、500MHzから数ギガヘルツの周波数帯域を使用し、400〜500Mビット/秒の高速通信が可能な無線通信方式である。送信出力が制限されており、主に半径10m以内の近距離用途で用いられる。位置検出用途では誤差が数センチ以下とその精度も高い。

 NXP Semiconductorsは、BoschやSamsung Electronicsらと「FiRaコンソーシアム」を設立し、UWB技術の強化や標準化、新たな用途開発などに取り組んでいる。その中で注目する応用市場の1つが、UWB技術を使ったキーホルダー。住宅や事務所、クルマ向けなどでの利用を想定している。

 クルマへのUWB応用として、「自動トレーラーヒッチ作動」や「車内同乗者検知」「自動バレーパーキング」「ハンズフリーパーキング」「パーキングロットアクセス」「ドライブスルー決済」などを挙げる。

 Volkswagenでは、UWB技術を用いた盗難防止機能を、2019年の量産車モデルに搭載する予定である。また、Volkswagenのコンセプトカーでは、高精度センサーや人工知能(AI)技術と組み合わせ「ジェスチャ認識によるドア開閉」の実演デモなども行っているという。

クルマのUWB応用例。左上はUWB技術を用いた盗難防止機能、右上はジェスチャ認識機能によるドア開閉のイメージ。左下は自動トレーラーヒッチ作動、右下はジェスチャ認識機能によるトランク開閉のイメージ 出典:NXP

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.