メディア
ニュース
» 2019年09月05日 10時30分 公開

基地局向けセラミックフィルター:京セラと宇部興産、5G用部品で合弁会社を設立

京セラと宇部興産は、5G(第5世代移動通信)基地局用のセラミックフィルター事業を拡大するため、合弁会社を設立することで合意した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

設計技術力と生産技術力、営業力を融合

 京セラと宇部興産は2019年9月2日、5G(第5世代移動通信)基地局用のセラミックフィルター事業を拡大するため、合弁会社を設立することで合意したと発表した。この契約に基づき、宇部興産の100%子会社「ユー・イー・エル」の株式51%を京セラが取得し、2019年12月をめどに合弁会社「京セラ宇部RFテック」として、新たに事業を始める。

 5Gシステムは、マクロセル基地局やスモールセル基地局を組み合わせることで、大容量のデータを低遅延で伝送し、多数の端末接続を可能にする。このため、基地局には多数のアンテナが配置され、搭載する電子部品には、さらなる小型化など高密度実装への対応が要求されている。

 ユー・イー・エルの主力製品であるセラミックフィルターは、5Gシステムに対応した特定の周波数のみを「パス」あるいは「カット」する機能を備えた部品である。特にセラミックフィルターは高出力で小型化が可能なため、金属製フィルターの代替製品として期待されているという。

 京セラ宇部RFテックでは、ユー・イー・エルが強みとするフィルターの設計技術力と、京セラの生産技術力および、グローバル市場での営業力を融合させ、5G基地局向けセラミックフィルターの事業拡大を狙う。

 京セラ宇部RFテックの本社機能は、滋賀県野洲市の京セラ滋賀野洲工場敷地内に置く。社長には西村浩介氏が就任する。従業員数(予定)は12人。生産子会社は、中国江蘇省無錫市にある「京セラ宇部(無錫)通信科技有限公司」で、従業員数は154人である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.