メディア
特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年09月13日 11時30分 公開

日独が先行するローカル5Gの活用:日本の5G展開で注目すべきはIIoT、ノキア (1/2)

ノキアソリューションズ&ネットワークス(NSN)は2019年9月12日、東京都内でプレスセミナーを開催。米国、韓国の第5世代移動通信(5G)商用サービスの状況や、5Gを日本で展開する際のトレンドなどを説明した。

[永山準,EE Times Japan]

 ノキアソリューションズ&ネットワークス(NSN)は2019年9月12日、東京都内でプレスセミナーを開催。米国、韓国の第5世代移動通信(5G)商用サービスの状況や、5Gを日本で展開する際のトレンドなどを説明した。

米、韓のユースケースも紹介

 携帯通信事業者の業界団体GSMA(GSM Association)によると、2025年の移動通信における5Gの割合は、全世界およびアジア太平洋地域で15%になるという。特に、既に商用サービスを開始している韓国、米国はそれぞれ59%、50%、2020年の商用サービス開始を予定する日本は48%と急速な普及が予測されている。

 5Gは、初期段階は既存のLTEネットワークを拡張する「NSA(非スタンドアロン)」構成の導入が進められ、その後、フル5Gの「SA(スタンドアロン)」形式のネットワークへ移行が進む見込みだ。既にQualcommやSamsung Electronics、HuaweiによるNSA対応のチップセットおよび、各社からNSA対応の端末が販売されているが、NSAの5G技術統括本部本部長、Brian Cho氏は、「2019年末にも、SA対応の端末が市場に出回るようになるだろう」としている。

チップセットとデバイスのスケジュールについてのノキアの見解(クリックで拡大) 出典:ノキアソリューションズ&ネットワークス

 Cho氏は、既に5Gの商用サービスを始めている韓国での通信事業者のサービス戦略について説明。韓国では現在、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、マルチメディアサービスといったB2C(Business to Consumer)向けのサービスに集中しているという。ネットワーク展開については、「韓国では大規模展開が迅速に行われている。ノキアだけでも32TRXマッシブMIMOを数万規模で提供している」と話した。

左=韓国での通信事業者のサービス例/右=韓国内で展開するノキアの32TRXマッシブMIMO「AEQN」出典:ノキアソリューションズ&ネットワークス

 米国については、5G展開の加速にむけ政府の強い後押しがあると説明。「2019年末ごろからNSAとSAに対応した製品が市場に投入され、2020年後半には5G対応のiPhoneが登場。2023年には5Gのシェアが4Gを超えるだろう」と今後の予測を述べた。米国のユースケースとしては、クラウドゲーミングや4KTV、スポーツの分野にフォーカスされているといい、「インダストリー4.0用途などは、2021年以降になるだろう」としている。

米国の大手通信事業者は、T-Mobileが、600MHz/28GHz/39GHz、Sprintが2.5GHz、AT&TとVerizon Communicationsが28GHz/39GHzで5Gを導入するが、それぞれ周波数帯の特性から、高スループットと広いカバレッジを両立するには「ローバンド、ミドルバンド、ハイバンドをミックスする必要がある」と述べていた。(クリックで拡大) 出典:ノキアソリューションズ&ネットワークス
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.