メディア
ニュース
» 2019年09月24日 09時30分 公開

ノキア「Connected Future 2019」:間近に迫る5G商用サービスをデモ展示で体感

ノキアソリューションズ&ネットワークス(NSN)は、テクノロジーイベント「Connected Future 2019〜到来する5G時代とデジタル社会〜」を、東京都内で開催した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

製造現場における5G活用の実証実験も実施、

 ノキアソリューションズ&ネットワークス(NSN)は2019年9月19日、東京都内でテクノロジーイベント「Connected Future 2019〜到来する5G時代とデジタル社会〜」を開催した。今回のテーマは、「5G」「コネクテッド・インフラストラクチャ」「コネクテッド・インダストリー」「コネクテッド・コンシューマー」である。

 5G(第5世代移動通信)システムに対する取り組みは、世界的に加速している。米国や韓国では既に商用サービスが始まった。日本でも2019年に5Gプレサービスが、2020年より商用サービスが始まる。「高速大容量」「低遅延」「同時多数接続」といった、5Gの特長を生かしたサービスが順次、開始される予定だ。

柳橋達也氏

 こうした中でノキアは、エンドツーエンドの5Gネットワーク製品群やソフトウェア、サービスなどを開発し、通信事業者や自営通信網を構築する企業などに提供している。NSNでシニアソリューションコンサルタントを務める柳橋達也氏は、「2019年9月時点で、主要な通信事業者など、世界中で48社と5G商用サービスの契約を行った。この中にはNTTドコモやソフトバンクなど日本企業も含まれる」と話す。

 2019年9月にはNTTドコモやオムロンとの協業も発表した。工場など製造現場で5Gを活用した実証実験を共同で行う。具体的には、オムロンの自動搬送ロボットと5Gシステムを組み合わせた「レイアウトフリー生産ライン」や、製造設備のデータあるいは作業者の動線映像などを収集してAIで解析。これを作業現場にフィードバックし、生産性の向上などを目指す「AI/IoTによるリアルタイムコーチング」などの実証実験を予定している。

 今回のテクノロジーイベントでは、米国や韓国の同社担当者らが、「5Gシステムの展望」や、「商用サービスから見えてきた可能性と課題」などについて講演。また、5G時代に向けた同社製5Gネットワーク製品群、産業向けの5Gネットワークアーキテクチャなどについても、技術講演と具体的な事例を交えたデモ展示で紹介した。

 展示会場では、コネクテッド・インフラストラクチャとコネクテッド・インダストリーおよび、コネクテッド・コンシューマーの3分野における、具体的な製品や事例を紹介した。例えば、「5G時代に向けた無線基地局用の製品群」コーナーでは、日本市場をターゲットにした製品などを展示。「ライブ5G体験」コーナーでは、5Gバックホールを含む5G NSA(非スタンドアロン)の実機環境による、4K動画配信のデモなどを行った。

左は5G時代に向けた無線基地局用の製品群、右は4K動画配信のシステムブロック図 (クリックで拡大)

 また、産業用途などで自営通信網を構築する場合に、必要となる要素を全てノキアが提供する「クラウド型ローカル5G/プライベートLTEソリューション(NDAC)」コーナーや、ネットワークをリアルタイムで管理し保護するために必要なIPネットワーク分析とDDoS保護を提供する「Deepfieldソリューション」コーナーなども設けた。

左はクラウド型ローカル5G/プライベートLTEソリューション(NDAC)によるデモの模様、右はDeepfieldソリューションの概要 (クリックで拡大)

 さらに、「スマートシティー向け統合オペレーションセンター(IOC)」コーナーでは、緊急事態をセンターに知らせるためのパニックボタンや監視カメラ、照明器具などをネットワークで接続し、いくつかの条件が重なったときにシステムが作動するデモを行った。防災システムや有害鳥獣駆除システムなどへの応用を想定している。

スマートシティー向け統合オペレーションセンター(IOC)のデモ展示

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.