メディア
ニュース
» 2019年09月26日 09時30分 公開

名古屋オートモーティブワールド2019:車載グレードの最新電子部品がずらり、マウザー展示 (2/3)

[永山準,EE Times Japan]

車載グレードのポリマータンタルコンなど

 KEMETは、AEC-Q200に対応した「世界初」(同社)のポリマータンタルコンデンサー「T598シリーズ」や「T591シリーズ」などを展示していた。同シリーズは、125℃で実使用環境下において約15年に相当する2000時間という安定した性能で、10mΩ以下の超低等価直列抵抗(ESR)を実現。最大470μFの大容量、2.5〜50VDCの定格電圧をラインアップしている。

AEC-Q200に対応した「世界初」(KEMET)のポリマータンタルコンデンサー「T598シリーズ」と「T591シリーズ」(クリックで拡大)

 このほか、同様にAEC-Q200対応のセラミックコンデンサーや、高信頼X2フィルムコンデンサー、ノイズ抑制シートの車載グレード製品を並べていた。同社の説明担当者は、「トーキンの完全子会社化もあり、特にポリマータンタルコンデンサーでは市場で高いシェアを持っている。車載向けの対応も先駆けて行うなど、当社ならではの強みがある。現在は海外での採用が多いが、日本国内でも拡大していきたい」と話していた。

KEMETの各種車載グレード製品が並べられていた(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.