メディア
CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年09月26日 15時30分 公開

CEATEC 2019事前情報:最新技術の体験/実演デモを多数展示、三菱電機

2019年10月15〜18日にかけて、「CEATEC 2019」が千葉・幕張メッセで開催される。三菱電機は、「AR(拡張現実)技術応用 多言語対応 空中しゃべり描き」など、体験型、実演デモを中心とした展示を行う。

[EE Times Japan]

「CEATEC 2019」が10月15日に開幕

 2019年10月15〜18日にかけて、「CEATEC 2019」が千葉・幕張メッセで開催される。2016年からのテーマである「CPS(サイバーフィジカルシステム)/IoT(モノのインターネット)の展示会」が、ことしも採用されている。

 CEATEC 2019の開催に先立ち、アイティメディアの製造業向け5媒体であるEE Times Japan、EDN Japan、MONOist、スマートジャパン、BUILTは、特設ページを設け、注目企業の見どころや新製品リリースなどの事前情報を紹介していく。

 今回は、三菱電機の出展内容について紹介する。

AR応用の「空中しゃべり描き」やAIによる多言語シームレス音声認識など

 三菱電機は、「三菱電機と拓くわたしたちの未来 ~ここから見える Society 5.0 for SDGs~」をテーマに出展。ライフ、インダストリー、インフラ、モビリティの4つのカテゴリーごとに体験型、実演デモを中心に展示し、「最先端技術とその活用によるSociety 5.0の実現と、活力とゆとりある社会への貢献について紹介する」としている。

三菱電機ブースのイメ―ジ(クリックで拡大)出典:三菱電機

 具体的には、「ライフ」カテゴリーとして、SNSなどで活用できる、新たな動画表現を実現する「AR(拡張現実)技術応用 多言語対応 空中しゃべり描き」によるコミュニケーションの体験デモや、同社が提案する「豊かな暮らしをつくるライフソリューションコンセプト」の紹介、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を用いた、話す言語を意識することなく利用できる音声認識インタフェース「インバウンド対応多言語シームレスAI音声認識技術」の体験デモを行う。

 また、「インダストリー」カテゴリーでは、映像から特定の動作を見つけ、作業ミスや無駄な動きを自動検出する、Maisartを用いたAI技術「骨紋」の実演デモを実施するほか、「インフラ」カテゴリーでは、宙に浮かぶ大型映像「大型空中サイネージ」の体験デモ、「モビリティ」カテゴリーでは「コンセプトカー EMIRAI4(2019)」による次世代運転支援技術の実車体験デモを予定している。

>>>『CEATEC 2019特集ページ』はこちら<<<

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.