メディア
ニュース
» 2019年09月27日 09時30分 公開

12年間で3%未満から20%超に:シェア2位に躍り出たSTの汎用マイコン事業戦略 (3/3)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

新たな用途開拓も推進

 こうした4つのニーズに対応する投資を行いSTM32のさらなる製品力強化を実施しながら、より広範なマスマーケットでのSTM32の浸透を図るため、STM32にとっての新しい需要を創造することにも注力する。具体的には、モノクロLCD搭載機器や、DSP搭載モーター制御機器、8ビットマイコン搭載機器など、これまでSTM32と比較的距離のあった用途に対し、STM32の搭載を促していく。

 モノクロLCD搭載機器に対しては、STM32を使用して低コストかつ軽い開発負担でのカラーLCDへの置き換えを提案する。STMは2018年に、ローパワーマイコンでも軽快なGUIを実現する開発ツールを手掛けるDraupner Graphicsを買収。DraupnerのGUI開発ツール「TouchGFX」とSTM32を組み合わせることで、モノクロLCDを搭載している機器に対し低コストかつ軽い開発負担でのカラーLCDへの置き換えを提案しているわけだ。TouchGFXとSTM32との組み合わせは「モノクロからカラーへの置き換えというエントリーレベルだけでなく、画像を回転、拡大縮小するようなより高度なGUIを実現する場合にも有効なソリューション。順次、提案の幅を広げていく」(Colonna氏)とする。

左=GUI開発ツール「TouchGFX」の概要 / 右=「STM32ファミリ」と「TouchGFX」を組み合わせ構築したデモ (クリックで拡大) 出典:STマイクロエレクトロニクス

 現状、8ビットマイコンなど「32ビットマイコンの搭載が考えられなかった用途」(Colonna氏)に対しては、このほど、32ビットマイコンながら8ピンパッケージを採用した「STM32G0シリーズ」を製品化している。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.