メディア
ニュース
» 2019年09月30日 10時30分 公開

低電力かつ高精度で人や車を検知:ルネサス、米社と物体認識ソリューションを開発

ルネサス エレクトロニクスとStradVision(ストラドビジョン)は、ADAS(先進運転支援システム)に向けた車載スマートカメラ用ディープラーニングによる物体認識ソリューションを共同で開発し、2020年初めより供給を始める。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ローエンドの量産車にも対応

 ルネサス エレクトロニクスは2019年9月、StradVision(ストラドビジョン)と共同で、ADAS(先進運転支援システム)に向けた車載スマートカメラ用ディープラーニングによる物体認識ソリューションを開発したと発表した。ローエンドの量産車にも搭載可能だという。

 StradVisionは、ディープラーニングによる物体認識ソフトウェアを提供している。その特長は歩行者や車両、車線などの認識性能が極めて高いことだ。ルネサスは、車載用SoC「R-Car」などを供給し、量産車などへの搭載で多くの実績を持つ。

 両社は今回、StradVision製の物体認識ソフトウェアを、R-Car向けに最適化した。対応するSoCは、ディープラーニング処理用の専用エンジン「CNN-IP」を搭載した「R-Car V3H」と「R-Car V3M」である。CNN-IPを搭載しているため、StradVisionの車載ディープラーニングネットワークである「SVネット」を、少ない電力消費で高速に動作させることが可能だという。

車載用SoC「R-Car」と、ディープラーニングによる物体認識ソフトウェアを組み合わせた物体認識の例 出典:ルネサス

 SVネットは、暗所での認識精度や物体が重なり合った状態での認識性能が高い、という特長がある。R-Car V3Hと組み合わせた基本パッケージでは、車両や歩行者、車線の同時認識を、毎秒約25フレームで処理することが可能となった。顧客が標識など認識対象を追加し、機能を拡張する場合には、StradVisionが学習からソフトウェアの作り込みまで、顧客のカスタマイズをサポートする。

 R-Car V3HとR-Car V3Mは、CNN-IPに加えて画像認識エンジン「IMP-X5」も搭載している。ディープラーニングによる物体認識と、従来の画像認識を組み合わせることで、認識率をさらに向上させることができる。また、センサー信号の変換処理用ISP(画像センサー信号処理エンジン)を内蔵しており、ISPを搭載していない安価なカメラモジュールでシステムを構成することも可能だという。

 開発したスマートカメラ向け物体認識ソリューションについては、R-Car SoCをルネサスが、ソフトウェアと開発サポートをStradVisionが、それぞれ2020年初めより提供する予定である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.