メディア
ニュース
» 2019年10月04日 11時30分 公開

一般向け展示会では初:高夜間性能CMOSセンサーなど車載製品展示、オンセミ (1/2)

ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、第2回名古屋カーエレクトロニクス技術展(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、ADAS(先進運転支援システム)向けの830万画素CMOSイメージセンサー「AR0820」など、車載向け製品に関する展示を行った。国内の一般向け展示会で、これらの車載向けのセンシングソリューションを展示したのは今回が初めてという。

[永山準,EE Times Japan]

 ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、第2回名古屋カーエレクトロニクス技術展(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、ADAS(先進運転支援システム)向けの830万画素CMOSイメージセンサー「AR0820」など、車載向け製品に関する展示を行った。国内の一般向け展示会で、これらの車載向けのセンシングソリューションを展示したのは今回が初めてという。

ADAS向け高解像度、高感度CMOSイメージセンサー

 AR0820は140dBと高ダイナミックレンジのADAS向け830万画素CMOSイメージセンサーだ。2.1μm裏面照射(BSI)ピクセルの「クラス最高レベルの低照度感度」を実現。2×2画素を1つの画素として読み出す「Summing」モードは、低ノイズかつ高感度を実現ているという。また、通常のモードと200万画素のSummingモード間で、フレームツーフレームのコンテキストスイッチも可能だ。

AR0820の概要(クリックで拡大)

 会場では、暗い箱の中でモデルカーの後ろに明るい背景があるという、明暗の差が大きいシーンで映像を捉えるデモを実施。モデルカーのナンバープレートに書かれた小さな数字が読み取れる高解像度の映像と同時に、Summingモードによって通常の状態では暗くて視認できない道路標識の映像も確認できた。AR0820は既にサンプル提供中で、「量産も間近だ」という。

「AR0820」を使ったデモの様子。明るさの幅が広いシーンでも、はっきりとナンバープレートの数字が読み取れる(左)また、Summingによって、道路標識も確認できる(右)。Summingモードでは、「センサーの信号をピクセルの中で加算する方法によって、高い低照度感度とSN比を実現した」という。(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.