メディア
CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年10月15日 09時30分 公開

マイコン側の演算負荷を軽減:Kionix、ADP搭載の3軸加速度センサーを開発

ロームグループのKionixは、ノイズフィルタリングの機能を取り込んだ3軸加速度センサー「KX13x-1211」を開発、量産を開始した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

新たな省エネモード搭載で、長時間動作も可能に

KX13x-1211の外観

 ロームグループのKionixは2019年10月、ノイズフィルタリングの機能を取り込んだ3軸加速度センサー「KX13x-1211」を開発、量産を開始したと発表した。産業機器のモーター振動解析などの用途に向ける。

 KX13x-1211は、独自のADP(Advanced Data Path)機能を搭載した。これにより、これまではマイコン側で行っていたFFT解析やフィルタリングといった信号処理を、加速度センサー側で実行することができる。カスタマイズ可能な複数の周波数フィルターを内蔵しており、これらを重ね合わせて自由度の高いフィルターを構築することができる。マイコン側の負荷軽減にもつながるという。

従来品とKX13x-1211を応用したシステム構成のイメージ 出典:ローム

 KX13x-1211は、2種類の製品を用意した。「KX132-1211」は、最大周波数帯域が4200Hz、加速度は±2〜±16gの範囲で検知できる。上位製品となる「KX134-1211」は、最大周波数帯域が8500Hz、加速度範囲は±8〜±64gである。いずれも、動作温度範囲は105℃まで対応しており、高温下での動作を可能とした。

新製品の主な仕様 出典:ローム

 新製品は、消費電流も抑えた。低消費モード時は0.67μAで、この数値は同社従来製品に比べて半分以下だという。また、加速度を検知した時にスリープモードから自動起動する「ウェイクアップ機能」に加え、加速度が一定期間検知されないと、マイコン側も省エネモードに切り替わるよう促す「バックツースリープ機能」も新たに実装した。

 同社は、マシンヘルスモニタリングやGPS機能と組み合わせた物流のトラッキング、ウェアラブル機器、自動車用スマートキーなどの用途に提案していく。サンプル価格(税別)は1500円。既に月産10万個体制で量産を始めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.