メディア
コラム
» 2019年10月15日 12時00分 公開

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:台風の度に思い出す取材

テクノロジーを駆使して防災ができたら本当に理想だと思います。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 この記事は、2019年10月15日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


 2019年9月と10月に日本を襲った台風15号や19号は、特に東日本に甚大な被害をもたらしました。懸命な救助と復旧作業が現在も続いています。

 今回の台風19号では、養生テープを窓にはったり、自治体から避難勧告が出る前から自主避難したりと、事前準備や対策にかなりの力を入れていた人々が多かったように感じます。事前に19号の危険性がかなり報道されていましたし、何より15号の被害が鮮明に残っていたからなのでしょう。担当も、住んでいる地区のハザードマップや避難所を確認したり、浴槽に水をためたりと、これまでにないほど備えました。

 近年は、大規模な災害が本当に多くなってしまった日本ですが、災害のニュースを目にする度に、今から5年も前に取材したNHKの技術を思い出します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.