メディア
ニュース
» 2019年10月30日 13時30分 公開

7nm対応のSRAMやTCAMなどを追加:ルネサス、IPライセンスビジネスを強化

ルネサス エレクトロニクスは、IP(Intellectual Property)ライセンス事業を拡充する。最新プロセスや新規格に対応したIPを追加し、顧客への提供を始めた。顧客の半導体開発を支援するためのサービスも新たに開始した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

パートナー企業と協力し、顧客の半導体開発も支援

 ルネサス エレクトロニクスは2019年10月、IP(Intellectual Property)ライセンス事業を拡充すると発表した。最新プロセスや新規格に対応したIPを追加し、顧客への提供を始めた。顧客の半導体開発を支援するためのサービスも新たに開始した。

 ルネサスは2018年9月よりIPライセンス事業に本格参入。これまでCPUやモーター用タイマー、USBなどのIPコアを用意。既に100件以上の問い合わせがあり、多くの顧客にIPの提供を始めているという。

 今回は、7nmプロセス対応のSRAMやTCAM(Ternary Content Addressable Memory)、さらにはEthernet TSNなど新規格に対応した最新のIPコアを追加した。今後は、AI処理性能を飛躍的に向上させることができるPIM(Processing-in-Memory)技術を含むシステムIPコアなども提供できるよう準備を進めていくという。

ルネサスが提供するIPコアの一例 出典:ルネサス

 ルネサスは、先進の半導体設計を支援する体制も整えた。顧客は、ルネサスが提供するIPコアとサポート体制を活用して、5Gネットワーク用ASICや次世代AIチップの開発を迅速に行うことが可能となる。

 具体的には、半導体の受託設計を行うデザインハウスや設計ツールベンダーなどのパートナー企業を、ルネサスが顧客に紹介する。この中には、モデルベース設計開発環境を構築するためのパートナー企業も含まれるという。

ルネサスとそのパートナー企業が、顧客のモデルベース設計開発を支援 出典:ルネサス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.