メディア
ニュース
» 2019年11月01日 09時30分 公開

最大36V入力、600mA出力:車体制御用レギュレーターの一掃を狙う超小型DC-DC (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ハイサイドスイッチにP-Ch MOSFETを採用し、クランキングにも強い

 新製品は一般的なDC-DCコンバーターと異なり、ハイサイドスイッチにPチャンネルMOSFET(以下、P-Ch MOSFET)を採用している。P-Ch MOSFETは、一般的なDC-DCコンバーターのハイサイドスイッチに用いられるNチャンネルMOSFETでは不可能な100%デューティー動作に対応できる。このため、エンジンスタート時に見られる入力電圧の急峻(きゅうしゅん)な低下(クランキング)の際でも、出力電圧の降下幅を最小に食い止めることができる。「P-Ch MOSFETは、N-Ch MOSFETに比べ、ドライバ回路規模が3倍程度になるという欠点があるが、その他の回路を工夫して小さくすることで、P-Ch MOSFETを採用しながら、世界最小のパッケージサイズを実現した」という。

ハイサイドスイッチにP-Ch MOSFETを採用し、クランキング時も出力電圧の低下幅を小さく抑える(クリックで拡大) 出典:トレックス・セミコンダクター

コイル一体型パッケージ品も展開へ

新製品(DFN3625-11B品)の外観(クリックで拡大) 出典:トレックス・セミコンダクター

 XD9267/XD9268シリーズは、小型のUSP-6C品の他、SOT-89-5品(パワーグッド機能なし)なども用意。動作温度範囲は−40〜+105℃で、AEC-Q100 Grade2に準拠している。サンプル価格は1個100円(税別)で既に量産出荷を開始している。さらに、XD9267/XD9268シリーズのチップとともに、コイルを同一パッケージに内蔵したDC-DCコンバーターモジュール「XDL605/XDL606シリーズ」の製品化も予定し、2019年11月中にサンプル品、評価ボードの出荷を開始し、2020年1月から量産を開始する見込みだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.