メディア
ET & IoT Technology 2019 特集
ニュース
» 2019年11月01日 08時30分 公開

ET/IoT Technology 2019アワード:スタートアップのIdeinがグランプリを獲得

組込みシステム技術協会(JASA)が「ET/IoT Technology 2019アワード」の受賞社を発表した。最高賞のグランプリはスタートアップ企業であるIdeinが獲得した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

ET/IoT Technologyアワードの新ロゴも決定

ET/IoT Technologyアワードの新ロゴ

 組込みシステム技術協会(JASA)は2019年10月31日、優れた組み込み技術製品、ソリューション、サービスを表彰する「ET/IoT Technology 2019アワード」の受賞社を発表した。最高賞のグランプリは、スタートアップ企業であるIdeinの「Actcast(アクトキャスト)」に決まった。同時に、ET/IoT Technologyアワードの新ロゴデザインも発表した。

 ET/IoT Technology 2019アワードは、2019年11月20〜22日にパシフィコ横浜で開催される、組み込みとIoT(モノのインターネット)技術の総合展「Embedded Technology 2019/IoT Technology 2019(ET/IoT Technology 2019)」へ出展する企業を対象に実施された。

 今回は出展社から50件の応募があり、下記の企業と製品がET/IoT Technology 2019アワードを受賞した。

「ET/IoT Technology 2019アワード」受賞社一覧
賞名 受賞社名 受賞製品 概要
ET/IoT Technologyアワード
グランプリ
Idein エッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」 Raspberry Piを用いエッジにおける深層学習を可能にした
Embedded Technology
優秀賞
東京理科大学、タニタ、筑波大学、理化学研究所、アイシン、コスモス研究所 体液から発電可能なバイオ燃料電池を搭載した「ウェアラブルヘルスケアデバイス」 汗中の乳酸や尿糖から発電し自己駆動により濃度をモニタリング
IoT Technology
優秀賞
富士電機 電池レス無線SAW温度センサー 200℃以上の高温・高ノイズ環境で無線温度測定が可能に
Edge Technology
優秀賞
アラヤ ニューラルネットワーク自動圧縮ツール「Pressai」 高い精度のまま、ニューラルネットワークのモデルを最大32分の1に圧縮
ET/IoT
奨励賞
アイオーティドットラン IoTデバイス「Tibbo-Pi(ティーボパイ)」 簡単に学べ、すぐ試せて、そのまま導入できる
アットマークテクノ
オープンソースプロジェクト「Degu プロジェクト」
IoT センサー技術「Degu(デグー)」 センサー機能を選んでPythonで作るーDIY感覚で実現するIoTセンサー
スマート
エネルギー
優秀賞
Tesla Motors Japan 家庭用蓄電池「Powerwall」 本体と管理システムで価格は99万円、従来の約3分の1
JASA
特別賞
IOEZ AI Care Power Syste ToFセンサーを用いた病院、介護施設向け監視ソリューション
山田敏行氏

 ET/IoT Technology 2019カンファレンス委員会委員長で、アワードの審査委員長を務めた山田敏行氏は、「今回は満場一致でグランプリが決まった」と話す。その背景にはIdein独自の高い技術力だけでなく、マーケットプレースの構築など、ビジネスモデルもしっかり打ち出してきたことが高く評価された。「Ideinはスタートアップ企業ではあるが、いずれブレークスルーをする可能性を持った企業である」と述べた。

 Ideinのエッジコンピューティングプラットフォーム「Actcast」は、Raspberry Piに搭載されたSoCのGPU機能を活用し、エッジにおける深層学習を可能にするソリューションである。Actcastはソフトウェア開発キット(SDK)の他、エッジを管理、運用する機能やエッジAIアプリケーションのマーケットプレースなどで構成される。

 山田氏は、「産業分野でRaspberry Piが活用されるという新たな動きと、ハードウェアにもオープンプラットフォームの動きが出てきた」ことも指摘した。会見会場では、病院や介護施設などにおけるプライバシー保護も想定しつつ、Actcastを用いエッジ側で患者の行動(転倒など)を自動的に監視するデモを行った。

Ideinの「Actcast」によるデモの模様

 この他、「ET/IoT 奨励賞」と「スマートエネルギー優秀賞」も今回は新たに設けた。ET/IoT 奨励賞は、アイオーティドットランのIoTデバイス「Tibbo-Pi(ティーボパイ)」と、アットマークテクノ/オープンソースプロジェクト「Deguプロジェクト」のIoTセンサー技術「Degu(デグー)」が受賞した。いずれも、IoTの裾野拡大に貢献する技術とみている。

 スマートエネルギー優秀賞は、Tesla Motors Japanの家庭用蓄電池「Powerwall」が受賞した。蓄電容量が13.5kWhで、4人世帯が約1日暮らせる容量だという。太陽光で発電したエネルギーを自家消費するためには蓄電池が必要となる。Powerwallは本体と管理システムの価格が99万円と極めて安い。台風などによる停電対策が喫緊の課題となる中で、競合製品に比べ約1/3という価格帯も高く評価された。

 なお、今回アワードを受賞した技術やソリューションは、ET/IoT Technology 2019会期中、各出展ブースに展示される。会期2日目(2019年11月21日)には、アワード受賞者によるプレゼンテーションと授賞式が、展示会場内で行われることになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.