メディア
ニュース
» 2019年11月06日 13時30分 公開

マイコン+セルラーIoT技術:ルネサスとアルティア、セルラーIoT分野で協業

ルネサス エレクトロニクスは、セルラーIoT(モノのインターネット)ソリューションの開発で、イスラエルAltair Semiconductorと協業をすると発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

開発ツールやソフトウェアなども提供へ

 ルネサス エレクトロニクスは2019年11月、セルラーIoT(モノのインターネット)ソリューションの開発で、イスラエルのAltair Semiconductor(以下、アルティア)と協業をすると発表した。開発したソリューションはルネサスの販売チャネルを通じて提供する。

 アルティアはソニーのグループ企業で、高い性能を実現しながら電力消費が小さくコストを抑えたIoT向けLTEモデムチップを供給している。マイコン技術で強みを持つルネサスは、アルティアと協業をすることで、セルラーIoT機器の差異化と開発期間の短縮を可能とするソリューションを開発し、顧客に提案していく。

 両社はまず、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれるIoT向け無線通信規格の「CAT-M」と「NB-IoT」に対応するデュアルモードチップセットを用いた、セルラーIoTソリューションを開発していく。さらに、産業機器や民生機器へのソリューション導入を加速するための「開発ツール」や「ソフトウェア」の開発なども行う予定である。

 ルネサスの執行役員常務でIoT・インフラ事業本部長を務めるSailesh Chittipeddi氏は、「アルティアとの協業により、業界最高レベルのセルラーIoTソリューションをIoT市場へ提供することができる。これにより顧客は、チップからクラウドまで一貫した最小かつ最低消費電力の産業IoT用マルチプロトコルセルラーソリューションを設計することが可能になる」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.